« 本日の東京新聞も素晴らしい! | トップページ | これ以上は任せていられない・・・ »

2010年3月30日 (火)

後出しジャンケン型公表予算

恐ろしく長い間、肝心のときに更新ができなかったが、

国交省では今までで最も詳しい「予算」が「公表」された。
事業実施箇所(当初配分)都道府県別↓
http://www.mlit.go.jp/page/kanbo05_hy_000043.html
旧政権下では、こうした個別事業ごとの配分は出して欲しいと要求をしても
モゴモゴ言うばかりで分かりやすい形では出なかった。

ただし、新政権でもこれらが予算成立「後」でしか公表されなかった。

本来は「予算案」の段階で、審議前に
どこにいくらの事業費をつける案なのかが
国民に対して公開され、
その情報を元に「予算委員会」が開かれるべきだった。

ある事業にその額の事業費を費やすことが適正か、
未来世代の「税」の使い道を狭める国債や起債を発行するほどの
ニーズや投資価値があるのか審議されるべきだった。

そうすれば、たとえば、これら予算を付ける妥当性は崩れたのではないか?
●長野県営浅川ダム ↓このファイルの6頁目
http://www.mlit.go.jp/yosan/yosanH22/kasho_tousho/river/216.pdf
●香川県営内海ダム ↓このファイルの4頁目
http://www.mlit.go.jp/yosan/yosanH22/kasho_tousho/river/237.pdf
●熊本県営路木ダム ↓このファイルの5頁目
http://www.mlit.go.jp/yosan/yosanH22/kasho_tousho/river/243.pdf
●長崎県営石木ダム ↓このファイルの5頁目
http://www.mlit.go.jp/yosan/yosanH22/kasho_tousho/river/242.pdf

ヒモツキ交付金だ!と私が問題視してきた「社会資本整備総合交付金」の詳細も
3月16日になるまで発表されていなかった。↓
http://www.mlit.go.jp/page/kanbo01_hy_000825.html

いわば、後出しジャンケン的な予算公表。
前政権よりだいぶマシだが、中途半端だ。

|

« 本日の東京新聞も素晴らしい! | トップページ | これ以上は任せていられない・・・ »

コメント

やっぱり前原が大臣ではダメでしょうか?! 私は馬淵さんが大臣をやった方が良い政策が出来ると思います。

投稿: さとし | 2010年3月30日 (火) 12時27分

すごいブログを見つけましたので、ヨロヨロコメントします。

第2回有識者会議議事録の18~20ページを読んで、ダム問題は今後もギクシャクするとみました。さらに、3回では、かの有名な宮村忠が「河口堰をつくるのが最善」といっています。この人は徳島にも何回か来て、あいまいで良く分からない発言をしていましたが、このような人たちが何らかの方向性をだしたら、(ダム推進の)困りますね。
ただ、「有無を言わさぬ土砂の力と、生態系を守ろうとする圧倒的な世論」は、必ずダムは撤去の方向に向かわざるを得ないとおもいます。

投稿: 玄さん | 2010年4月 3日 (土) 21時37分

ダム日記2を探し出しました。すごいブログですね。
有識者会議の第2回で、嶋津さんの話をこき下ろしている委員にびっくりしました。こういう人が今までダムを推進してきたという事なんですね。第3回では、僕らもよく知っているし、どこかのシンポでは同席したこともある、宮村忠さんが「河口堰をつくって」と言っています。
こういった人の発言は大きな矛盾をはらんでいますので、もっと大きな声で、どんどんしゃべって、自ら破綻して欲しいですね。

投稿: 玄さんの釣り情報 | 2010年4月 6日 (火) 15時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82688/33997833

この記事へのトラックバック一覧です: 後出しジャンケン型公表予算:

« 本日の東京新聞も素晴らしい! | トップページ | これ以上は任せていられない・・・ »