« 最後の選択肢としてのダム | トップページ | 春の脱出 »

2010年5月 2日 (日)

「独立行政法人・水資源機構」の事業仕分け

4月28日、『独立行政法人・水資源機構』の事業仕分け!
雨宮隆児さんによるまとめをそのままコピペさせていただきますが、
その前に二つだけコメントさせてください。

●ゲっと驚いたのは、
水資源機構の仕分けは11月にすでに一度やった、という認識になっていたこと。
それウソです。
事前ヒアリングはあったけれど、本番は、直轄ダムの維持管理だけ。
水資源機構については1分たりとも行われなかった。
そんなところからだまくらかされていたのか!と愕然。
というわけで、中身へのツッコミは、別メディアで行います。

● 政府から公認されて事業仕分けの中継を行っていたもののうち、
私は今回、いろいろなコマをニコニコ動画で見たのですが、
メチャクチャ面白かったです。
「廃止!」「廃止じゃないのか~~」というリアクションの速さ。

ダムのゲート等のボタンを押すのを自治体や国では委託することもあるのを
水資源機構の場合は、職員に限っていると機構側が答えたときには
「ボタン押す人の給料いくら?」「100万円でいい」「1千万円!」とか出て
「僕もボタン押すだけの仕事したい!」とか、
思わずコメント参加したくなるというか。

水資源機構の時ではないけれど、
後ろに「美人」がちょっとでも映ると、即刻「美人」というコメントが出たり
美人かどうかのカテゴリーにはいるかどうか微妙な方だと
そういうコメントが出なかったり、
また、後ろで寝ほうけている説明員(官僚?独法職員?)がいると、
「椅子から転げ落ちるアクションが欲しい」とか
「国会と同じだな」と感想が上がったり
う~ん、事業仕分けとニコニコ動画の組み合わせ、最高です。

前置きが長くなりましたが、雨宮さん、毎度、コピペさせていただきます!

(項目名)ダム用水路等の管理業務
(法人名)水資源機構

【結果概要】
利害調整など本来行うべき業務のみを機構が行い、
それ以外は他に任せる(機構の業務としない)
契約については大至急見直し

【とりまとめコメント】
 全体的な議論を通して、また、コメントとしても、利害調整という部分については確かに誰かがやらなければならず機構の業務として認めるという意見が多くあったが、それ以外の業務については、徹底的に厳密に調査し、機構でしかできないわけではない部分については、民間などに任せていくという方向にしていくべき。
 契約関係の問題点についても説明・議論いただいたが、特定法人との契約関係などを含め、即、見直しができる部分が相当あると考えられ、その点について精査を大至急して見直していただきたい。契約方法についても、大至急競争性のあるものに変えていただきたい。組織についてどれだけ人数を抱えているべきかといった指摘・議論も一方であったが、事業としての仕分けを行ったものであるので、機構が本来行うべき利害調整などの業務を残して、それ以外の業務は他に任せるべきということを結論とする。

【評価者のコメント】
●3年以内に自治体等に管理の権限を移す。どうしても機構でないとできないものが妥当かどうか、公の場で検証する。
●天下り法人への発注を止める。独立行政法人に残る部分を国に戻して、独立行政法人は役割を終えること。
●河口堰や水路を含めて考えても、独立行政法人という組織形態でなければ管理が出来ない理由が説明されていない。また配水の利害調整とハードウェアとしてのダム等施設の管理とが一体でなければならない理由も説明されていない。
<以下省略~下記評価結果参照>
◇配付資料
http://www.shiwake.go.jp/data/shiwake/handout/A-20.pdf 
◇評価結果
http://www.shiwake.go.jp/data/shiwake/result/A-20.pdf 
◇組織図・役員名簿・報酬等
http://www.water.go.jp/honsya/honsya/jyohokokai/document/disclosure.html#A01-1 

以下は新聞記事から
◆水資源機構のダム・用水路管理「縮減」判定 事業仕分け第2弾(日経新聞2010/4/29)
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C9381949EE0EAE2E7978DE0EAE2E6E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2;at=ALL 
◆独法仕分け最終日(朝日新聞2010年4月28日13時23分)
http://www.asahi.com/politics/update/0428/TKY201004280168.html 
◆ダム管理は原則民間に-仕分け4日目(時事通信2010/04/28-13:39)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010042800259 
◆仕分け4日目 水資源機構 管理業務『縮減』に(東京新聞2010年4月28日夕刊)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2010042802000191.html 
◆水資源機構 委託業務の7割が「1社応札」(産経新聞2010.4.28)
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100428/plc1004282020011-n1.htm 
◆群馬用水、民間・自治体移管も(2010年4月29日読売新聞ぐんま版)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/gunma/news/20100428-OYT8T01228.htm 

|

« 最後の選択肢としてのダム | トップページ | 春の脱出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82688/34489283

この記事へのトラックバック一覧です: 「独立行政法人・水資源機構」の事業仕分け:

« 最後の選択肢としてのダム | トップページ | 春の脱出 »