« 公共事業シンポの資料のありか | トップページ | 普天間返還の仕切直しをすべき »

2010年5月17日 (月)

防衛省が求めた米軍基地のSEA除外

3月29日開示請求、4月28日決定で開示された
全539頁(複写5390円也)で明らかになった結果の一部です。
先週金曜日発行の週刊金曜日http://www.kinyobi.co.jp/に出ています。

改正環境アセス法案
防衛省が求めた米軍基地の除外
http://www.kinyobi.co.jp/backnum/antenna/antenna_kiji.php?no=1100

 防衛省が、改正環境アセス法案を巡る省庁協議において、日米安保に基づく米
軍施設と日米地位協定に基づく自衛隊施設について、今回新たに加わる戦略的環
境アセスメント(SEA)の適用除外を求めていたことが、情報公開法に基づく開示
請求で分かった。開示された協議文書によれば、同法案に関する省庁協議は、二
月二三日に開始、三月一八日に終了。法案は翌一九日に閣議決定されている。
 
 この間、防衛省は四回にわたり、「構想立案段階において、自治体や国民に防
衛施設の整備に関する情報を提供した場合、様々な反対運動が起こることが想定
され、防衛施設の整備にこれまで以上の支障が出ることが予想されるが、法案を
適用したことに伴い生ずる支障について、どのような見解をお持ちか」等の「質
問」を繰り返した。三月に入ると、「意見」として米軍施設と自衛隊施設のSEA適
用除外を求め、さらに「今後予定される普天間飛行場移設およびFCLP(陸上空母
離着陸訓練)施設の建設計画が制限を受けないようにしたい」と、その詳細を政
令に定める旨を環境省に求めていた。
 
 協議文書では、環境省が三月一日までは防衛省の要求に応じず、同日、外務省
からも「在日米軍施設・区域の提供に悪影響が及ばないよう」との連絡を受けた
後に屈し、閣議決定の三日前、三月一六日に法案に除外規定を書き加えて各省に
連絡を行なっていたことが示されている。
     まさのあつこ・ジャーナリスト
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
国会審議は参議院先議で3月30日に始まっています。
上記の省庁協議は、その前に省庁間で、法案のその先の政令までが
このいわば裏協議で決まっていたことを示します。

|

« 公共事業シンポの資料のありか | トップページ | 普天間返還の仕切直しをすべき »

コメント

『週刊金曜日』の記事が、Yahoo!ニュースの雑誌記事項目に転載されていました。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20100525-00000301-kinyobi-pol

投稿: Amemiya | 2010年5月28日 (金) 10時33分

毎度、見るのが遅くて済みません。この件、沖縄タイムズの一面や朝日新聞、きっこのブログにもうまく使っていただいたようです。

投稿: まさの | 2010年7月 1日 (木) 17時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82688/34732030

この記事へのトラックバック一覧です: 防衛省が求めた米軍基地のSEA除外:

« 公共事業シンポの資料のありか | トップページ | 普天間返還の仕切直しをすべき »