« 今日の心境 | トップページ | 「各党の環境政策を聞く会」 »

2010年6月 6日 (日)

国土研シンポジウム『今あらためてダムを問う』

新聞、テレビが一気に「政局報道」へ雪崩れ込む中、
対照的に「政策提言」型NGOが、「検証」や「提言」へと
エネルギーを費やしています。
先日案内した「開かれた政府」をつくる市民集会 はその一つ。
 
関連ウェブサイト
情報公開にまつわる日々の出来事-情報公開クリアリングハウス理事日誌
行政透明化検討チーム

以下もその一つでしょう。

国土研シンポジウム『今あらためてダムを問う』
◆日程:6月19日(土)13時~17時
◆会場:(京都市左京区吉田河原町15-9 京阪本線「神宮丸太町」より徒歩7分)
TEL075・751・8311
http://www.kyodaikaikan.jp/access.html
■問題提起
「ダム問題の今日的特徴─ダムの時代は終わったを考察する─」
中川学(技術士・河川計画)
「地すべり問題に見るダム計画の袋小路」
奥西一夫(京都大学名誉教授・災害地形学)
「治水論をめぐって」宇民正(元和歌山大学教授・河川工学)
■矛盾を深めるダム問題─現地からの報告─
 浅川ダム(長野)─地すべり指定地直下にダムサイト/本体工事に契約
 天ヶ瀬ダム再開発(京都)─世界遺産(平等院一帯)の宇治川景観を破壊する改修計画
 最上小国川ダム(山形)─アユの清流に計画中
 利賀ダム(富山)─地すべり指定地に計画中
 苫田ダム(岡山)─ダム完成/ダム効果と環境の検証
 太田川ダム(静岡)─ダム完成/これに水を貯める必要はなく、貯めてはならない
 武庫川ダム(兵庫)─新規ダムに頼らない河川整備計画の樹立めざして
■総合討論
 コーディネーター上野鉄男(元京都大学防災研究所助手・河川工学)
 参加資料代500円(会員無料)。※終了後、懇談会あり。

|

« 今日の心境 | トップページ | 「各党の環境政策を聞く会」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82688/35096984

この記事へのトラックバック一覧です: 国土研シンポジウム『今あらためてダムを問う』:

« 今日の心境 | トップページ | 「各党の環境政策を聞く会」 »