« 八ツ場ダム/談合解説 | トップページ | 「開かれた政府」をつくる市民集会 »

2010年6月 4日 (金)

やまふじの個々に降り立つ花冠の香

大ポカです。団体名の間違え。
八ツ場ダムあしたの会→八ツ場あしたの会でした。
申し訳ありません_mm_ (6月4日訂正)

明日の仕事の準備がまだ終わらず。

焦っても仕方がないので
今日は「八ツ場あしたの会」の「署名にご協力ください」の紹介。
http://yamba-net.org/modules/page/index.php?content_id=1
6月末まで。

先日、近所のお寺までジョギングに行き、
風で散って石畳に落ちてきた山藤の花の一つ香りをかいだ。

山藤の花房は、遠くから見ると単なるひとかたまり。
でもそのたった一つの花冠をかいでも格調高い香りがする。

そのことに気づかされると
八ツ場ダムを巡る署名運動や続行する訴訟を
諦めることなく継続する人々の個性や顔が浮かんで一句ができた。

やまふじの個々に降り立つ花冠の香

個々の香りに気づかないことは、
美しい花房の本当の姿を見過ごすことに等しい。

|

« 八ツ場ダム/談合解説 | トップページ | 「開かれた政府」をつくる市民集会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82688/35042805

この記事へのトラックバック一覧です: やまふじの個々に降り立つ花冠の香:

« 八ツ場ダム/談合解説 | トップページ | 「開かれた政府」をつくる市民集会 »