« ダム見直しの失敗(その28)官僚の裁量、政治的行政からの脱却 | トップページ | ダム見直しの失敗(その30)14年間の繰り返し »

2010年8月 2日 (月)

ダム見直しの失敗(その29)青森の場合

青森でシブイ記事が出た。

●事業可否検証に4000万/県内2ダム
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2010/20100801090646.asp?fsn=eb33f76037153e93cde084f7e7644d6f
東奥日報2010年8月1日(日)

2年前に再評価をやったばかりの青森県が、国土交通大臣の要請に基づく見直しを行うために、少なくとも1年以上かかり、4000万円の予算を計上するが、事業を継続したいと考えていることを伝える記事だ。

なるほど、県がウェブサイトで公開している「再評価実施時期一覧表(河川・ダム事業追加・報告箇所)」で見ると(P.2~3)
http://www.pref.aomori.lg.jp/soshiki/kikaku/seisaku/files/kh_h20-1-sankousiryou1.pdf
駒込ダム(昭和57年着工~平成30年予定、450億円)、
奥戸ダム(平成2年着工~平成28年予定、90億円)、
共に平成10年、15年、20年と3回の評価を行い、
3回とも「継続」の結論で続いてきた。

たとえば駒込ダムの方は
http://www.pref.aomori.lg.jp/soshiki/kikaku/seisaku/files/kh_H20-24.pdf 
費用対効果(B/C)「治水経済調査マニュアル(案)(H17.4)」を使って分析している。(P.2)

先日、津川国土交通政務官に、この「『治水経済調査マニュアル』というのがあり、流域をブロックでわけて、そのブロックでこの堤防が切れたら最大限被害が出るというところが切れる想定、しかも同時にすべてのブロックで堤防が切れる想定、ありえない想定ですが、このあり得ない想定で被害が出たときの被害額の合計、それを軽減できる額がB(便益)に参入されてしまうものですが、これを変えない限りは、『ダムが一番安い』という同じ結果が出てくるだけではないでしょうか」と記者ブリーフィング後にぶら下がって質問をした。

見直しの考え方が違うから、そうはならないという答えだった。

しかし、実は違わない。そこまで食い下がることを躊躇してしまったが、
ダムの「代替案」という考え方は以前からもある。
ダムに対する批判が強かったから、
理論武装のために提示されるようになったようなものだ。ところが・・・

この駒込ダムがそのよい例で、比較した結果、
代替案(P.3)の比較の結果が次のように書かれている(太字、下線は私の加筆)
http://www.pref.aomori.lg.jp/soshiki/kikaku/seisaku/files/kh_H20-24.pdf 
・ダム案最も経済的で効果的な治水対策である。なお、ダム建設にあたっては極力環境に与える影響を軽減するように配慮するものとする。
・河道改修案:駒込川と堤川合流点から下流の本川も拡幅する必要があり、市街地において大規模な家屋移転を必要とすることから現実的ではないことに加え、ダム案より費用が高い。
・遊水地案:広大な敷地を要し、ダム案より費用も高い。
・放水路案:建設用地の確保を要し、ダム案より費用も高い。

「治水経済調査マニュアル(案)(H17.4)」を変えず、
見直しの主体が同じ事業者である限り
結論は同じで「継続」という答えが出てしまうと危惧する方が常識的ではないだろうか。
この危惧が外れてくれればいいのだが・・・・。

以下、関連記事。
●「脱ダム」先行き不透明 見直し基準案に批判続出
http://kumanichi.com/feature/kawabegawa/kiji/20100802001.shtml
熊本日日新聞 2010年08月02日
●ダムより河川改修を 札幌で市民団体が検討会
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/politics/244288.html
北海道新聞 2010年8月2日
●北海道脱ダムをめざす会:サンルと当別、治水面で不要 /北海道
http://mainichi.jp/hokkaido/shakai/news/20100802ddlk01040159000c.html
毎日新聞北海道版 2010年8月2日

|

« ダム見直しの失敗(その28)官僚の裁量、政治的行政からの脱却 | トップページ | ダム見直しの失敗(その30)14年間の繰り返し »

コメント

・ダム案:最も経済的で効果的な治水対策である。なお、ダム建設にあたっては極力環境に与える影響を軽減するように配慮するものとする。
・河道改修案:駒込川と堤川合流点から下流の本川も拡幅する必要があり、市街地において大規模な家屋移転を必要とすることから現実的ではないことに加え、ダム案より費用が高い。
・遊水地案:広大な敷地を要し、ダム案より費用も高い。
・放水路案:建設用地の確保を要し、ダム案より費用も高い。


拝見しました。

ますます自分のクビを絞めてますね。
関係者の苦労を感じました。こんな仕事係わりたくないですね。

増水はトンネル掘って海に逃がすだけで十分なんですよね。
みんなそう思っているけど、言えないのはなぜでしょうね・・

正直話してすっきりしてはどうでしょうかね・・大人の世界は難しいですね。


投稿: がりがりくん | 2010年8月25日 (水) 11時36分

まさの様、ご無沙汰いたしております。日々ご奮闘の様子で敬服いたしております。また駒込ダムの件、被害想定地域の住民であるにもかかわらず、ここで初めて知りました。説明会の開催も全く知りませんでしたよ。ご指摘の通り、あり得ない想定の被害額に加え、代替案のそれぞれにかかる費用が明記されていないため、非常に怪しいですね。建設予定地の辺り、きれいなところなのですがね。己のアンテナをもう少し敏感にすべく、日々精進いたします。有り難うございました。

投稿: 青森の藤です | 2010年9月 8日 (水) 16時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82688/36001711

この記事へのトラックバック一覧です: ダム見直しの失敗(その29)青森の場合:

« ダム見直しの失敗(その28)官僚の裁量、政治的行政からの脱却 | トップページ | ダム見直しの失敗(その30)14年間の繰り返し »