« 研究者生命をかけた関良基さんの報告 | トップページ | 八ツ場ダム問題に感じる目眩 »

2010年9月23日 (木)

何をやっているのか?

八ツ場ダム検証開始は10月1日 国交省方針
http://www.47news.jp/CN/201009/CN2010092201000973.html   
2010/09/22 20:16   共同通信

八ツ場ダム必要性の根拠である
利根川水系での洪水予測データの捏造が明らかになったにも関わらず、
それを放置したままダムを検証?

木村厚労省元局長の証拠資料改ざんを上回る公文書偽造事件だが、
それを明らかにしないままなし崩しで、まさか葬り去るのか?

ダムにたよらない治水の理念は基本高水に依拠しない。
しかし、厳然として現在の河川法も有識者会議の中間とりまとめ(案)も
基本高水に依拠している。
そうである以上は、いくらダムにたよらない治水と言っても実現しない

この期に及んで、
社会資本整備審議会河川分科会河川整備基本方針検討小委員会に提出した
検討資料に「偽造」が見つかり、洪水予測における流量の予測が
インチキだった
ことが分かったのに、
そのあまりのウソの大きさに気づかないとでも言うのか
(偽造を見抜いた人にしっかり聞けばすぐに分かるウソであるが
 聞かなければおそらく大半の人が分からない)

地元住民の生活再建策は最優先されるべきで、
そのために検証結果は早く出さなければならないのは当然だが
捏造データに基づいたままでダム自体の検証を進めれば、
利根川だけでなく、109水系の一級河川その他の
100年の方針を誤ることになる。

だいたい、中間とりまとめ(案)の(案)は取れていない。

パブリックコメントの結果の反映すらしていない。

|

« 研究者生命をかけた関良基さんの報告 | トップページ | 八ツ場ダム問題に感じる目眩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82688/36882890

この記事へのトラックバック一覧です: 何をやっているのか?:

» 八ツ場ダムについて 「嘘を認め早急な中止処理をせい!」 [kimekime25]
アクセスに 深く感謝いたしております。 大阪地検特捜部「前田某」の 証拠没収品の改ざんについての 記事に緊急性があったために 遅くなってしまった記事です。 関係各位にお詫び申し上げます。 タイトルの通り 八ツ場ダムについてです。 ダム日記2 管理人さんの まさのさんは 国土交通省の洪水予測テータのねつ造を訴えられています。 その科学的なデータは 代替案 管理人さんの 関さんがきちんと証明しています。 道路を造るにも 鉄道を造るにも 多... [続きを読む]

受信: 2010年9月24日 (金) 00時51分

« 研究者生命をかけた関良基さんの報告 | トップページ | 八ツ場ダム問題に感じる目眩 »