« 北海道のダム事業を検証する全国集会 | トップページ | 何をやっているのか? »

2010年9月20日 (月)

研究者生命をかけた関良基さんの報告

関良基さんが
研究者生命をかけて、
基本高水論争に終止符を打とうとしています。
http://blog.goo.ne.jp/reforestation

基本高水(計画高水)を河川法から取り除き
水位を下げる治水から、命を守る河川行政への転換の要
となりそうです。

上記を読む上での参照先は↓

●http://www.yamba.jpn.org/tochigi.htm
第28回 栃木県2010年7月29日
から 
「治水問題の意見書(関良基)」
http://www.yamba.jpn.org/shiryo/tochigi/tochigi_g_iken_seki_1.pdf
「治水問題の意見書2(関良基)」へ
http://www.yamba.jpn.org/shiryo/tochigi/tochigi_g_iken_seki_2.pdf

●今後の治水対策のあり方に関する有識者会議 
http://www.mlit.go.jp/river/shinngikai_blog/tisuinoarikata/index.html
から第4回議事録へ

|

« 北海道のダム事業を検証する全国集会 | トップページ | 何をやっているのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82688/36833602

この記事へのトラックバック一覧です: 研究者生命をかけた関良基さんの報告:

« 北海道のダム事業を検証する全国集会 | トップページ | 何をやっているのか? »