« 希望と脱力 | トップページ | 緑のダムの実証者 »

2010年12月 3日 (金)

やる気がない人々

「地質」のことを書かき、ここ最近書いてきた捏造シリーズの結論へと向かわねばならないが、その前に・・・・

このブログではアセス法についてもお知らせしてきた。
●改正なのか? アセス法審議2
http://dam-diary2.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/2-a3bf.html 
などなど。

そして、この記事を読んだ方から↓
> アセス法改正案:異例の継続 「同一国会で両院」ならず
>http://mainichi.jp/select/seiji/news/m20101203k0000m010115000c.html 

また委員会の審議からやり直すのかと問いがあり、丁度、某媒体のために取材をしたところだったので、次のように答えた。

~~~~~~~~~~~~
国会法の規定で、来年通常国会でもう一度振り出しに戻って
衆参両院を1度の国会で通さなければなりません(唖然)。

国会法
=================================
第八十三条の五  甲議院の送付案を、乙議院において継続審査し後の会期で議決したときは、第八十三条による。

↓振り出しに戻る

第八十三条  国会の議決を要する議案を甲議院において可決し、又は修正したときは、これを乙議院に送付し、否決したときは、その旨を乙議院に通知する。
○2  乙議院において甲議院の送付案に同意し、又はこれを否決したときは、その旨を甲議院に通知する。
○3  乙議院において甲議院の送付案を修正したときは、これを甲議院に回付する。
○4  甲議院において乙議院の回付案に同意し、又は同意しなかつたときは、その旨を乙議院に通知する。
=================================

2010年通常国会で参議院先議で可決、衆議院の途中までで選挙。
選挙後、臨時国会で衆議院で可決、参議院へ送られて会期満了。
参議院環境委員会で閉会中審査の手続が今日行われて閉会。
来年の通常国会で、参議院から審議が始まるデジャブーです。

いきなり本会議で可決ってこともないでしょうから委員会審議やるんじゃないでしょうか、と現時点では推測することしかできません。

民主党、環境政策「も」やる気がないらしい・・・。

環境省も野党もいい加減過ぎる。喜んでいるのは抵抗していた電気事業者か。

|

« 希望と脱力 | トップページ | 緑のダムの実証者 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82688/37942651

この記事へのトラックバック一覧です: やる気がない人々:

« 希望と脱力 | トップページ | 緑のダムの実証者 »