« 飽和雨量でなぜ争っているか? | トップページ | 4つ目の地質問題を追究する人々 »

2011年1月24日 (月)

地質の回答お待ちしてます

地質が良くなったから八ツ場ダムの工事費が安くなった八ッ場ダム建設事業の関係地方公共団体からなる検討の場第三回(2011年1月14日)で説明があったことの根拠を尋ねて10日。

この間、「ドーコンとアイドールエンジニアリングが平成20年に調査したときの想定の地質」がその根拠の一部であるらしいが、資料(p.3) を見ると「平成19年度の事業費精査により生じた約18億円が含まれている金額です」とあって、依然として、何故安くなるのか関東地方整備局からの誠実な回答をお待ちしている2回目の月曜日の朝です。

その間、こんな報道もあり

●八ッ場 再計算なお疑問 国「流量3%減」 専門家「9%減」
東京新聞2011年1月24日 朝刊 <一面>
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2011012402000038.html 
22面と23面 東京新聞特報部の記事もお勧め

こんな記事を書きながら、回答をお待ちしています。

● 情報不開示し続ける河川官僚 八ッ場ダム「検討の場」開催
週刊金曜日(2011/1/21) 金曜アンテナ
http://www.kinyobi.co.jp/backnum/antenna/antenna_kiji.php?no=1694 

|

« 飽和雨量でなぜ争っているか? | トップページ | 4つ目の地質問題を追究する人々 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82688/38587186

この記事へのトラックバック一覧です: 地質の回答お待ちしてます:

« 飽和雨量でなぜ争っているか? | トップページ | 4つ目の地質問題を追究する人々 »