« 八ツ場ダムSM劇場 | トップページ | ダムに頼らないからダムありきへ5つの仕掛 »

2011年2月12日 (土)

大仕掛けか小手先か

SM劇場、分かりにくいとのメールいただきました。失礼しました。つまるところ、「八ツ場ダムありき」の河川行政に刃向かった民主党政権を、徐々に軌道修正させてきたが、最後の仕上げにかかり、今回は、代替案は「現実味がない」「時間がかかる」「コストがかかる」と都県が叩きやすい記述にして提示した。あたかもここを叩いて!というような。そして期待した通りに代替案を批判してもらって(叩いてもらって)「やっぱり八ツ場ダムだね」という結論に一歩近づき、国交省は嬉しそうに第四回を締めくくったという話です。ヤラセか、大仕掛けの演劇、いや小手先の八百長か・・・、そんな雰囲気だったという意味です。後日(のんびりしている場合ではありませんが)より詳しく書きます。

以下、諸々の情報です。

2011年2月12日(土)13:00~ (今日です!)
●八ッ場ダムをストップさせる埼玉の会 総会&映画上映会 
http://yambasaitama.web.fc2.com/pdf/2011/02/12.pdf
場所 浦和コミュニティセンター第14集会室  (浦和駅東口、パルコ10階)
「プロジェクトV(バイオント)史上最悪のダム災害(100分)」上映

2011年2月13日(日)
大畠国交相 長野原町へ行く  このように語ったとか。
地元意見聞かず、信頼途絶=八ツ場ダム問題で-大畠国交相 (時事通信 2月10日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110210-00000139-jij-pol

同じ2011年2月13日(日) 
● 八ツ場ダムをストップさせる東京の会 総会(2:00~3:00)の後
「いずれ撤去する八ツ場ダムを石原知事は何故いま欲しがるか」について
喋ってきます。その後、
遠藤保男氏による「東京都が外部委託した水需要予測報告書」解説
場所:豊島区立生活産業プラザ(ECOとしま)地階

2011 年2 月18 日(金)10:00~12:30
●土木工学・建築学委員会
河川流出モデル・基本高水評価検討等分科会(第2 回)
http://www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/bunya/doboku/giji-kihontakamizu.html 
場所 日本学術会議2階 大会議室

<地質について続き>八ツ場ダムの建設費は21.7億円安くなるハナシ第四回八ッ場ダム建設事業の関係地方公共団体からなる検討の場の終了後に、再度、尋ねて得た現時点の回答とさらなる問いは以下の通り。

◎安くなる前
もともと「アイドール」と「応用地質」がやっていた調査。

◎安くなった根拠
アイドール(八ツ場ダム本体実施設計業務)平成18年~19年度
ドーコン(八ツ場ダム本体修正設計業務)平成20年~21年度

Q:それでその何を比べて工事費が安くなることになったのか?
A:今はない。八ツ場ダム工事事務所にある。
Q:・・・・

●国交省の恣意的な「被害想定」
「八ッ場ダムありき」が露呈  週刊金曜日(2011/2/11)
http://www.kinyobi.co.jp/backnum/antenna/antenna_kiji.php?no=1759

●八ツ場ダム情報をコマメにチェックしたい方はこちらへ
八ツ場あしたの会  
特にここに注目 公開質問―八ッ場ダムの工期延長と事業費増額
八ッ場ダムをストップさせる埼玉の会 

|

« 八ツ場ダムSM劇場 | トップページ | ダムに頼らないからダムありきへ5つの仕掛 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82688/38837422

この記事へのトラックバック一覧です: 大仕掛けか小手先か:

« 八ツ場ダムSM劇場 | トップページ | ダムに頼らないからダムありきへ5つの仕掛 »