« 八ツ場ダム受益者 国会質問に立つ | トップページ | 八ツ場ダムSM劇場 »

2011年2月 6日 (日)

「八ッ場ダムー過去・現在・そして未来」

尊い本ができた。
まだ一章しか読み終えていない。

しかし、
「このダム計画が生み出してきた犠牲はあまりに大きく、取り返しのつかないことが多々ある。けれども、問題を先送りにすることは、犠牲をさらに積み上げることにつながる。八ツ場ダムに関する多くの情報を整理し、何が事実かを確認することから問題解決の糸口を探ってみたい」(第一章より)
この一節がこの本の性格をすべて物語っている。

言葉は尊い。
筆者が大切に出会い、その出会いを大切にし、
そこに暮らしてきた人々に耳を傾け、語られた言葉を
ひとつも無駄にすることなく紡いでいる本。

少なくとも、このブログを訪れたことのあるすべての人に読んで欲しい。

「八ッ場ダムー過去・現在・そして未来」
岩波書店  256ページ  1月26日発行
共著:嶋津暉之・清澤(渡辺)洋子
http://yambasaitama.blog38.fc2.com/blog-entry-858.html

|

« 八ツ場ダム受益者 国会質問に立つ | トップページ | 八ツ場ダムSM劇場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82688/38763713

この記事へのトラックバック一覧です: 「八ッ場ダムー過去・現在・そして未来」:

« 八ツ場ダム受益者 国会質問に立つ | トップページ | 八ツ場ダムSM劇場 »