« 埼玉県の未来 | トップページ | 有識者ダム検証法の改訂が必要 »

2011年2月27日 (日)

東京都の未来

最後が、八ツ場ダムの受益者(財政負担者亜)の中で、人口も借金も最大の東京都です。
人口は2020年まで増えているじゃないか!と思う前に、その次のグラフを見てください。

Photo_12

Photo_13

他のすべての県と同様、
高齢者の割合はすでに増え始めているということに加え、
東京都は、少子化が最も早く始まっており
2035年以降は、たった8%の子どもたち(0~14歳人口●)が
増大し続ける高齢者(65歳以上▲)を支える世界になります。

2020年あたりをピークに現状サイズに人口が戻ります。
でもそのときの人口比は、まったく違ったものになっている。

高度成長期やバブルの昔の夢は捨てなければならないし、現在の世界も参考にはならない。

検証中の八ツ場ダムの費用には、地すべりが起きた場合の対策費や
浅間山が噴火したときの対策費や
いずれは撤去することになるダムの撤去費は含まれていません。

未来世代が楽しく生きる世界をどう作りましょうか?

●上記グラフのもとデータはこちら
http://dam-diary2.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/post-0170.html
のボトムにあります。

|

« 埼玉県の未来 | トップページ | 有識者ダム検証法の改訂が必要 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82688/39040930

この記事へのトラックバック一覧です: 東京都の未来:

« 埼玉県の未来 | トップページ | 有識者ダム検証法の改訂が必要 »