« ネアンデルタール人未満 | トップページ | このブログの行方(2)粘りの勝訴と消えた勝訴 »

2011年2月23日 (水)

このブログの行方(1)

(知人からメールをいただき、それについて書いていたら長くなり、
しかも、このブログのエンディングで書こうと思っていたことと
若干かぶってきたので、切りながらアップロードします。
本質的な答えにつながる問いを問うてくれた知人に感謝します)

川辺川ダムと八ツ場ダムを比べて、
なぜ川辺川ダム(の反対運動)は勝てて、
八ツ場ダム(の反対運動)は勝てないのかと尋ねてきた方がいる。
状況は一つひとつ違うが、一つにはどうも裁判のことを比べているようだ。
同じようなことを思っている方が他にもいるかもしれないからここで書いておく。

●川辺川ダム反対運動は何故勝てたか?という問いに
川辺川ダムを巡って起きた裁判は
川辺川ダムから派生する、農水省による国営川辺川土地改良事業
事業規模を縮小するための計画変更に対する
当事者である農家による「もう水は要らない」という異議申し立て
に対する農水大臣の却下
に対する取消訴訟である。
農家(原告)からの申請事業であるはずの「土地改良事業」で、実際はたとえば
死者がハンコウを押していた(同意をでっち上げていた)
それが当事者(農家)たちにより証明された。
申請して成り立ったはずの事業の申請にウソがあった。
その瑕疵を裁判所が認定し、農水省が裁判に負けた。
何故、勝てたか?原告が地方裁判所での敗訴にへこむことなく
敗訴のあとに、原告が農家を一軒一軒回って、同意書の真偽を確かめて
それを高等裁判所に提出したからである。

受益者である農家が要らないと考え、裁判を起こし、
国が押し付けやウソがバレバレになった。
裁判所が遠慮なく国を敗訴させた。
もっともこれで農家が負けたら、日本はリビア並みだ。

●ただし、これはまだ川辺川ダム反対運動の完全勝利ではなかった。
(続く)

|

« ネアンデルタール人未満 | トップページ | このブログの行方(2)粘りの勝訴と消えた勝訴 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82688/38982609

この記事へのトラックバック一覧です: このブログの行方(1):

« ネアンデルタール人未満 | トップページ | このブログの行方(2)粘りの勝訴と消えた勝訴 »