« 千葉県の未来 | トップページ | 東京都の未来 »

2011年2月27日 (日)

埼玉県の未来

埼玉県も人口減少の始まりが遅かったものの、

Photo_10

減少に先駆けて、高齢者の割合はすでに増え始め
2035年以降は、たった9%の子どもたち(0~14歳人口●)が
34%の高齢者(65歳以上▲)を支える世界に近づき、
リアルタイムの負担と、大人世代が作った借金に苦しめられることになります。

Photo_11

各都県の負担分は、嶋津暉之さんがつぶさに調べてきた数値を
八ツ場あしたの会がウェブに載せていますので、リンクを張らせていただきます。
住民の肩にのしかかかる建設費用

八ツ場ダムの2015年完成予定は、2018年になると検証の場で言われています。

1都5県の知事達に今、撤退する勇気があらんことを!

●上記グラフのもとデータはこちら
http://dam-diary2.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/post-0170.html
のボトムにあります。

|

« 千葉県の未来 | トップページ | 東京都の未来 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82688/39040548

この記事へのトラックバック一覧です: 埼玉県の未来:

« 千葉県の未来 | トップページ | 東京都の未来 »