« 茨城県の未来 | トップページ | 千葉県の未来 »

2011年2月27日 (日)

栃木県の未来

栃木県もほぼ同じような状況です。

Photo_6

年齢3区分の65歳以上(▲)0~14歳人口(●)を
一つのグラフに載せてみると以下の通り。

Photo_7

未来世代にとっては拷問ですね。

●栃木県は利水では八ツ場ダムには参加していませんが、負担金を払います。
水資源機構の思川開発事業に参加しています。

群馬、栃木、茨城はすでに人口減少(高齢化+少子)が顕著であることを見てきました。この3県は、八ツ場ダムの他の受益者(財政負担者)である千葉、埼玉、東京と比べてもともと人口が少ないので、未来世代が楽しめる未来をいち早く描くべきだったのだと思います。いつ転換を始めるでしょうか?

●上記グラフのもとデータはこちら
http://dam-diary2.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/post-0170.html
のボトムにあります。

|

« 茨城県の未来 | トップページ | 千葉県の未来 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82688/39039879

この記事へのトラックバック一覧です: 栃木県の未来:

« 茨城県の未来 | トップページ | 千葉県の未来 »