« 治水のあり方の見直しあらすじ | トップページ | 東北地方太平洋沖地震 復興策の提案 »

2011年3月10日 (木)

あらすじ(続き)

(続き)一方で、民主党政権によるダム見直しの対象になっていなかった「本体工事が始まっていた槙尾川(まきおがわ)たダム」を中止することを決定した知事のメッセージが掲載された。その他、中央メディアは伝えない地味だが重要な動きがある。勝手にリンクを張らせていただきます。

●大阪府
槇尾川の治水対策について(私の判断)
http://www.pref.osaka.jp/koho/chiji/230217_makiogawa.html

●愛媛県(国直轄山鳥坂ダム)
山鳥坂ダム住民支援 建設を前提とせず生活再建を
http://www.ehime-np.co.jp/rensai/shasetsu/ren017201102191373.html 
特集社説2011年02月19日(土)付 愛媛新聞

● 長崎県(県営石木ダム)
佐世保便り
http://blog.goo.ne.jp/michie39/c/3f4d1385222fd18ef9bc6f5e21bf749c 
石木川まもり隊
http://blog.goo.ne.jp/hotaru392011/d/20110307
石木ダム、石木川を考えるアートプロジェクト
「こうばるを想う1000のメッセージプロジェクト」
http://hozumix.blog32.fc2.com/blog-entry-151.html 

●河川流出モデル・基本高水評価検討等分科会
http://www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/bunya/doboku/giji-kihontakamizu.html 
 第3回分科会 日時 平成23年3月28日(月) 15:00-17:00
 第4回分科会 日時 平成23年3月29日(火) 15:00-18:00
 第5回分科会 日時 平成23年4月 1日(金)  15:00-17:00

|

« 治水のあり方の見直しあらすじ | トップページ | 東北地方太平洋沖地震 復興策の提案 »

コメント

大阪府知事の「槇尾川の治水対策について(私の判断)」には感動した。これが、責任ある立場のリーダの取るべき発想である。ストレートに判断基準を示すことが重要である。ブログ主のリンクがなければ読むこともなかった。感謝。

投稿: | 2011年4月 7日 (木) 03時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82688/39175113

この記事へのトラックバック一覧です: あらすじ(続き):

« 治水のあり方の見直しあらすじ | トップページ | 東北地方太平洋沖地震 復興策の提案 »