« 安全性と老朽化と地震 | トップページ | 情報公開 »

2011年3月13日 (日)

原子力行政と政権の関係

政府記者会見を見ても何も分からない。
政府しか取材しない日本のマスメディア報道を見ても何も分からない。

国土交通省河川局取材の経験から何が起きているのかを推測すると、政権側が行政の情報隠蔽、情報統制の裏を読めないでいるのだろうということになる。

今、官邸に対してできるアドバイスは、
NPO法人原子力資料情報室のブレインを官邸に呼び込み
国民、とりわけ周辺住民にどのような情報を提供しなければならないかを
つぶさに助言を聞きながら、
原子力行政側(経済産業省、保安院、東電)にそのすべてを出させることだ

おそらく官邸は、原子力行政側がどのような具体的なデータを持っているはずで、かつ
何が隠されているのかを見抜けていない状態で記者会見をやっているのではないか。

その“政府記者会見”(大本営発表)がすべての本当の情報を出していると信じ切って、カウンター情報を国民に提供しようとしないマスメディアが、それを報道するから、原子力行政側(経済産業省、保安院、東電)は皆知っていて、国民と世界が今この瞬間、共有しなければならない当たり前の真実が、知らされない。政府から出てくる情報が小出しでまったく整合性がない。それをマスメディアで解説する“専門家”が何が見えていないのかを明確に言わずに(分からずに?)コメントしているから、さらに整合性がなくなる。

菅さんも枝野さんも、一人の人間として、自分が一福島県住民だったら
今、何が知りたいのかを率直に考えて行動することが重要ではないか

今のままでは何かを隠していると思われるだけで内閣自体がメルトダウンする。

最低でもやるべきは、原子力行政情報のカウンター情報として、
NPO法人原子力資料情報室を官邸に呼び、国民が何を知るべきか、
助言を求めることではないか。

そして、私。自分では取材に出かけられない状況で
(人に文句を言うのもなんだから)
せめてネットメディアに勝手ながらリンクを張ります。

●ビデオニュース・ドットコム http://www.videonews.com/
ニュース・コメンタリー (2011年03月13日)
原発事故・なぜ炉心溶融は起きたか
ゲスト:伴英幸氏(NPO法人原子力資料情報室共同代表)
http://www.videonews.com/news-commentary/0001_3/001748.php

3月12日原子力資料情報室記者会見http://www.ustream.tv/recorded/13269582

● フリージャーナリスト岩上安身さん発
http://www.ustream.tv/channel/iwakamiyasumi
原子力資料情報室主催の記者会見(これの1:08~) 
http://www.ustream.tv/recorded/13270814

3月13日本日も17時から原子力資料情報室が主催するとの岩上さん情報が流れてきた。
マスメディアもこの会見を流すべきだ。

●福島原発の現状について  京大、小出
http://civilesociety.jugem.jp/?eid=7331 ←これもオススメ

ところで、今朝、CNNニュースにインタビューを受けていた在米の日本大使が、昨日起きたことをメルトダウンではないと否定して、(メルトダウンじゃないなら)「あなたはあれをなんと呼ぶんですか」と突っ込まれて、平然とダラダラ“事象”を説明していた。視聴者全員が呆れかえったんではないか?ちなみに「日本大使」は少なくとも米国では「菅直人首相」とみなされる。

混乱するのは分かるが、だからこそ、この件で知恵を蓄積してきた人材(原子力資料情報室)を使わず萎縮している政府もマスメディアも異常である。

英語が分かる人なら海外マスメディアのチェックもお勧めする。
「海外の反応」とかではなく、解説が日本のマスメディアに登場する“専門家”よりも分かりやすいのだ(トホホ)。BBCとCNN
http://edition.cnn.com/2011/WORLD/asiapcf/03/12/japan.nuclear/index.html?hpt=T1
http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-pacific-12724953 

さて、自分のやるべきことをやろう。

|

« 安全性と老朽化と地震 | トップページ | 情報公開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82688/39209760

この記事へのトラックバック一覧です: 原子力行政と政権の関係:

« 安全性と老朽化と地震 | トップページ | 情報公開 »