« 東北地方太平洋沖地震 復興策の提案 | トップページ | 原子力行政と政権の関係 »

2011年3月12日 (土)

安全性と老朽化と地震

福島・須賀川でダム決壊 2人の遺体発見、他にも不明者
http://www.asahi.com/national/update/0312/TKY201103120338.html?ref=rss 
2011年3月12日12時3分 朝日新聞

ダム決壊 8人が行方不明 須賀川・藤沼ルポ
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/03/20110312t63012.htm
2011年03月12日 河北新報

ダム決壊 5棟流出 福島・須賀川
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/03/20110313t63033.htm
河北新報 2011年03月13日日曜日

ダム撤去が進んでいる国々では撤去理由が4つに集約されつつある。
安全性、生態系、政策、経済(得られるべき便益よりコストが上回った)です。

安全性は老朽化や地震と関連しており
藤沼ダムは竣工/1949 (←(財)日本ダム協会のダム便覧)となっています。
米国では老朽化した小さなダムから撤去が始まりました。

|

« 東北地方太平洋沖地震 復興策の提案 | トップページ | 原子力行政と政権の関係 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82688/39200897

この記事へのトラックバック一覧です: 安全性と老朽化と地震:

« 東北地方太平洋沖地震 復興策の提案 | トップページ | 原子力行政と政権の関係 »