« 原子力資料情報室のUstream | トップページ | 東電にお目こぼしをする前に »

2011年4月 6日 (水)

国土交通大臣は見た

八ッ場ダムができると、水力発電量が大幅に減少(八ツ場あしたの会)
http://yamba-net.org/modules/problem/index.php?content_id=28 (2011年4月3日)

↑これを見られたのでしょうか。

●2011/04/05 国土交通省 新着情報
大臣発言((略)八ッ場ダム建設による吾妻川の水力発電量の減少について)http://www.mlit.go.jp/page/kanbo01_hy_001457.html 抜粋
(略)先週私に対するご質問がございまして、八ッ場ダムの建設により吾妻川の水力発電が減少するのかというようなご質問を頂きました。これについて調べましたが、八ッ場ダムを建設することによって下流側で行っている水力発電の電力供給の全体が減るかどうかということについては、八ッ場ダムの運用との絡みでございまして、結論的にはまだ確定はしておりません。群馬県企業局の発電も含む吾妻川の水力発電が増加するのか減少するのかについては、現時点では確定していないということでございます。したがいまして、建設するか中止するかによって発電量が増えるか減るかということの因果関係については、まだ明確には確定されていないということでございました。

(感想)群馬県が正式に発電に参加したのは、つい最近のことです。八ツ場ダムは半世紀経ってまだ何も決まっていない、んじゃなくて本当は何も考えていない。

|

« 原子力資料情報室のUstream | トップページ | 東電にお目こぼしをする前に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82688/39507278

この記事へのトラックバック一覧です: 国土交通大臣は見た:

« 原子力資料情報室のUstream | トップページ | 東電にお目こぼしをする前に »