« 脱・電力行政パタナリズムを願いたい | トップページ | 閉じられたサークルでの意思決定 »

2011年4月17日 (日)

2011年度ダム予算2,400億円を震災復興に

不急のダムよりも被災地の復興予算にという
国に対する当然の呼びかけ集会の案内です。

●緊急集会「2011年度ダム予算2,400億円を震災復興に」  
日時:2011年4月26日(火)13時30分から(受付13時00分)
場所:参議院議員会館 地下1階 B109 会議室
詳しくは→水源開発問題全国連絡会http://bit.ly/f6NaUM 

重機も人も予算も知恵も助けも、最も必要とされるところに投入すべきだと政治家なら誰もが思うはずだが、上半身と下半身が違うのがこの世界でもある。それを変えられるのは、いつの時代も国民一人ひとり。もしくは命をかける一人。自分がその一人になるかどうか。自分は命をかけているかと自問自答する。

この同じ4月26日の午前中に
●第6回河川流出モデル・基本高水評価検討等分科会
日時 平成23年4月26日(火) 9:00-12:00
http://www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/bunya/doboku/giji-kihontakamizu.html
こちらで書いたことの続き<検証結果の報告>等が議論される模様。科学は科学の役割をここでは果たせるか?

こうした裏舞台↑の表側↓のニュース
●川原湯 議員なり手なし/長野原町議選(2011年4月14日  読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/gunma/news/20110414-OYT8T00167.htm
●川原湯温泉 振興施設、3案軸 ワークショップ終了 東京新聞2011年4月17日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/gunma/20110417/CK2011041702000073.html
●八ッ場ダム・流転の行方:地域振興施設案、実現性を検討へ--WS最終回 /
http://mainichi.jp/area/gunma/news/20110416ddlk10010210000c.html
群馬毎日新聞 2011年4月16日 地方版

●中止後補償法実現を支援 市民団体発足(熊本日日新聞 2011年04月15)
http://kumanichi.com/feature/kawabegawa/kiji/20110415001.shtml

|

« 脱・電力行政パタナリズムを願いたい | トップページ | 閉じられたサークルでの意思決定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82688/39643803

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年度ダム予算2,400億円を震災復興に:

« 脱・電力行政パタナリズムを願いたい | トップページ | 閉じられたサークルでの意思決定 »