« 基本高水の無謬と誤謬 | トップページ | 不器用なもので心の整理 »

2011年4月12日 (火)

この国はダメかもしれないというスタート地点

先週金曜日、東電の記者会見と
今日、経済産業省の記者会見にいって、
やっぱりこの国はヤバイと思った。

このブログで、国交省が基本高水についてウソをつき続けてきたことについて
ずっと書いているのに、マスメディアは、東京新聞を除くと
まったくと言っていいほど書かない。
治水というのはある意味、専門的な分野だし、
長い経緯もあることだから、難しいのかなと思って悪く思わないようにしてきた。

あらゆる問題が山積しているし、書ききれないのだろうと。

しかし、原発事故報道で、東電、内閣府の原子力安全委員会、
経産省、経産省の原子力安全保安院、厚労省、環境省、その他・・・
一通りざっと取材をして
そして特に東電と経産大臣の記者会見に出て、
そこでの質疑と、その後の報道を見て、
これはヤバイと思うと同時に
国交省が治水の問題でウソをついてきた問題が報道されないのは、
そして、その筋の専門家が、一部を除いてはまったくと言っていいほど
口をつぐんでいるのは、いや、一緒になってウソをついているのをかばっているのは、原発の問題とまったく同じ構図だと思った。

国民は知らされていないし、知らされていないことに大半の人々が気づいていない。自分たちはそれなりに知っていると思っている人たちが大半なのだ、多分。

どこから何を話せば気が済むか分からないので今日は書かない。

以下は、上記のこととはさほど関係していないが。。。。

●放射性物質基準、「日本は10倍厳しい」のウソ
http://www.alterna.co.jp/5410 

この国はもうダメだ。そこから始めるしかない。

|

« 基本高水の無謬と誤謬 | トップページ | 不器用なもので心の整理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82688/39588660

この記事へのトラックバック一覧です: この国はダメかもしれないというスタート地点:

« 基本高水の無謬と誤謬 | トップページ | 不器用なもので心の整理 »