« 日本学術会議の大きな成果 | トップページ | 転載 第28回日本環境会議東京大会 »

2011年6月22日 (水)

直球でいきまっせ

かつてインターネットにアクセスする人とそうでない人に情報格差ができたように、ツイッターやFacebookやユーストリームをやっている人とそうでない人の間で、かなりの情報格差ができている。質、量、スピードのすべてにおいて・・・。ギャップを埋めるべく(天秤座のせいなのか?バランスを取りたくなる)、ダム関係者に次のようにメールを送った。捻りなし。直球。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
まさのです。(ダム関係者に重複メールで恐縮です)

民主党によるダムの見直しは失敗しつつあるわけですが、嘆いていても仕方がありません。

ツイッターをお勧めします。

お恥ずかしながら、最近、自分検索をしてみました。
前は、トップにダム日記2が来たりして、あといろいろだったんですが、
最近、ツイッターがトップに来ます。

多分、ブログより、読んでいただけているかどうかは別として、アクセスが多い。

http://twitter.com/#!/masanoatsuko

だから、以下のように今朝はつぶやきはじめました。

==============================
●悩んでいても仕方がない。基本に立ち返り、まず、ツイッターやユーストリー
ムを始めていない人やテーマを応援することにする。

●【今日のお勧めダム関連ブログ】1~ 水資源機構事業は高くつく ~
http://t.co/ShhNpgn

●【今日のお勧めダム関連ブログ】2 http://t.co/0YnXOJw 「成瀬ダムはいら
ない。被災地の復興を最優先に」 秋田県の農業用水込みの国交省ダム

==============================

総力戦でいきましょう。
いえ、勝手に、いかせていただきます。

皆さんのブログ、少しづつ、紹介させてください。

思い出したときでいいので、更新情報などURLとともに短くお寄せください。

で、それよりも、みなさん、ぜひ、ご自分ではじめてみてはいかがでしょうか。

http://twitter.com/

もしくは、私は手を出していないけれどフェースブック。

ではでは。お知らせでした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

|

« 日本学術会議の大きな成果 | トップページ | 転載 第28回日本環境会議東京大会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82688/40497031

この記事へのトラックバック一覧です: 直球でいきまっせ:

« 日本学術会議の大きな成果 | トップページ | 転載 第28回日本環境会議東京大会 »