« 分科会第9回 | トップページ | 計算結果を巡る不可解な解釈 »

2011年6月 8日 (水)

報告など

●週刊金曜日6月3日号
http://www.kinyobi.co.jp/news/wp-content/uploads/2011/06/110603-003trim.pdf

特集 命を蝕む被曝基準 これでは子どもも原発労働者も守れない

で、どのように
原発作業員の被曝線量制限が250ミリシーベルトに上がったか
どのように管理されていない状態か
福島県の学校等の使用判断基準が20ミリシーベルトから
引き下げられたかに見える「1ミリシーベルト以下」を目指すとは
どういう意味か、プロセスと背景を書きました。

250ミリシーベルトも下げる方向で進むよう、リスクがある限りは子どもだけでも退避の方向で進むよう。海、空、土への放射性物質垂れ流しがこれ以上進まないよう見張り続けるしかない・・・・

●一方で4月に書いたこちらの件は、↓
技術者の魂からの原発暴発阻止呼びかけ(金曜アンテナ2011/4/22)
http://www.kinyobi.co.jp/backnum/antenna/antenna_kiji.php?no=1975 

その後、大展開。↓こちらでご覧ください。
http://bouhatsusoshi.jp/

口コミを通じて、アルゼンチンにまで届きそうです。

●ダムの話題もあやかりたいものだ。頑張って報じなければ。

|

« 分科会第9回 | トップページ | 計算結果を巡る不可解な解釈 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82688/40310500

この記事へのトラックバック一覧です: 報告など:

« 分科会第9回 | トップページ | 計算結果を巡る不可解な解釈 »