« YouTube配信(カワシフ・セミナー) | トップページ | 治水計画に出てくる言葉(2) »

2011年6月30日 (木)

治水計画に出てくる言葉(1)

国土交通省関東地方整備局が、6月29日に「八ッ場ダム建設事業の関係地方公共団体からなる検討の場」第6回幹事会 を開催しました。

いろいろな会合や数値や言葉が出てくるので、ここで最低限のベースとなる現在の河川整備基本方針と河川整備計画(治水計画がこの二つから構成されています)について解説しておきます。カワシフにとって重要なので。

まず河川整備基本方針の話です。

現在の利根川水系河川整備基本方針(P.21)に出てくる数値は次の通り。

Hwl_3   

これは、200年に1度確率で、22,200㎥/sが流れてくる想定で、洪水調節施設(ダム)で5,500㎥/s調節して、河道に流す。この22,200㎥/s の方を「基本高水」といい、16,500㎥/sを「計画高水」と言います。河川法第16条に基づいて、国交省が住民参加なしで決める数値です。

ダムでカットした(貯めた)後の、川で流す流量(河道への配分流量)を表したのが下図「計画高水流量図」です。左中央の八斗島(やったじま)地点に16,500と書かれています。

Hwl2_2 
利根川水系河川整備基本方針(P.22)より

(続く)

|

« YouTube配信(カワシフ・セミナー) | トップページ | 治水計画に出てくる言葉(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82688/40613009

この記事へのトラックバック一覧です: 治水計画に出てくる言葉(1):

« YouTube配信(カワシフ・セミナー) | トップページ | 治水計画に出てくる言葉(2) »