« ショック・ドクトリン | トップページ | 豪雨とダム »

2011年9月21日 (水)

八ツ場ダムの選び方と23日シンポジウム

●嶋津 暉之(しまづてるゆき)さんが国交省地方整備局による八ツ場ダム治水・利水の検証の解説記事を詳しく書いている。利水について5案、治水について5案から八ツ場ダムが最も有利と判断した茶番の解説です。

●その茶番の前のプロセスをこちらで補足しておきます。
実は、この利水・治水各5案に絞り込む前からすでに茶番でした。

できるだけダムに頼らない治水」をテーマに話し合ってね、という国土交通大臣諮問を受けた今後の治水対策のあり方に関する有識者会議が2009年12月3日、ダムに頼ってもいいでしょ?という議論を一番最初にやったところから始まります。決定的なやり取りだけ抜粋します。↓
http://www.mlit.go.jp/river/shinngikai_blog/tisuinoarikata/dai1kai/dai1kai_gijiroku.pdf
委員「既存のストックのダムを使った治水とか、どうしてもつくらなければならないダムとか、もう少しフレキシブルに考えられたほうがよろしいのではないかと私は思います。」
政務三役「既存のダムはできるだけ活用するということは、できるだけダムに頼らない治水とは何ら相反しない

「ダムに頼らない」がテーマなのに一番に「ダムを排除しない」ことをねじ込んだ。この会議は非公開だったので、議事録がだいぶだって公表され、「なんだこりゃ」と思いました。

そこで閉鎖的な記者クラブの規則やぶりを(記者クラブルール改正を要請しながら)繰り返し、役人にハラスメントを受けながらも会見に行っては質問して短信を書いていたんですが・・・。(取材は障害だらけです。このことを顕在化させた上杉隆さんはエライです)

●そうして昨年10月から八ッ場ダム建設事業の関係地方公共団体からなる検討の場今後の治水対策のあり方に関する有識者会議 の後ろで文書を書いている人たちのやり方で、ダム」を選択肢の一番上に持ってきて

バカバカしい利水17方策と(↓クリックで拡大)
Water_alt
http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000019762.pdf

バカバカしい治水26方策と(↓クリックで拡大)
Flood_control_alt
http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000019761.pdf

を悠長に説明して、一都五県に何やっているのか、早く着工しろ!工期が伸びた分や国が払え、リアリティーのない代替案だと、毎回毎回大合唱させながら時間が過ぎました。

その中から冒頭の嶋津さんが解説している各5案へと絞っていきました。

ダムに頼ってもいいでしょ?というやり取りから2年。その間、大臣4人目・・・。官僚は腹を抱えて笑いますわね、笑われているのは国民です。

●それが大臣の政治的意思をねじ曲げて我田引水するのが得意な霞ヶ関での「八ツ場ダムの選び方」でした。こんなダム見直しを今、全国各地のダムでやっています。見直しさせないための遠回りな、出発したところに戻ってくる。タヌキかキツネに騙されて森を彷徨ったような話ですね(タヌキさんとキツネさんに失礼か・・・)つまり、このプロセス、時間、人間の使い方自体が税金のムダづかいですね。そういうことを予測した上で政が官をコントロールしなければならなかったのですが。

◆前原大臣時代に始めた「ダムに頼らない治水」は
今後の治水対策のあり方に関する有識者会議(ダム推進学者の会議)と
八ッ場ダム建設事業の関係地方公共団体からなる検討の場(役人だらけの会議)
の二本立てで、ダムへと誘導し、

◆馬淵大臣時代に暴いた「利根川水系の基本高水の嘘」は
内閣府の日本学術会議に委託し、中身はコンサル(基本高水の受託企業)に雇われている学者が、関係学会に相談の上、嘘の基本高水をスルーさせる失態を演じた国交省の社会資本整備審議会の委員を委員長にして、本当は嘘だと分かるデータが出たのになぜか解釈だけは今のままでいいと言わせた。

●この間、立法府での地道な作業もあった↓

民主党の「八ッ場ダム等の地元住民の生活再建を考える議員連盟」会長の川内博史衆議院議員がブログで「ダム事業の廃止等に伴う特定地域の振興に関する特別措置法案」を前原政調会長に提出したことをビデオメッセージで伝えている。

川内博史ビデオメッセージvol.3(2011年9月16日)
その法案一式はこちら
『八ッ場ダム等特別措置法 要望書』[2011年09月16日]
『八ツ場ダム等特別措置法(要綱)』[2011年09月16日]
『八ツ場ダム等特別措置法資料(概要)』[2011年09月16日]

超党派の一都五県の議員達も正念場と捉えている→総会の模様(YouTube)
http://www.youtube.com/user/yambatomorrow

そして前橋で

★9/23(祝・金)シンポジウム「知っていますか?八ッ場ダムの真実」
http://yambasaitama.blog38.fc2.com/blog-entry-1167.html

国を変えるってことは人づくりですね。

|

« ショック・ドクトリン | トップページ | 豪雨とダム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82688/41876368

この記事へのトラックバック一覧です: 八ツ場ダムの選び方と23日シンポジウム:

« ショック・ドクトリン | トップページ | 豪雨とダム »