« 新国交大臣は元河川官僚ですがな | トップページ | 前田大臣報道と感想 »

2011年9月 3日 (土)

日本学術会議 その後

 なんというタイミングか・・・。日本学術会議は平成2391日、同年113日に国土交通省河川局長から依頼された「河川流出モデル・基本高水の検証に関する学術的な評価」について回答した。

内容は以下の通り。国民に対する説明会の予定はまだ公表されていない。まだ読めていないが「はじめに」の中に2~6が入っていますね・・・。

         平成23年9月1日
         日本学術会議

 表紙
 要旨
 目次
 1.はじめに
 2.流出解析法のレビューと貯留関数法の位置づけ
 3.貯留関数法とその適用法
 4.貯留関数法の利根川への適用
 5.結論
 6.附帯意見
  <用語の説明・参考資料1-2>
  <参考資料3>
  <参考資料4>
  <参考資料5- 5- 5- 5-
  <参考資料6>
  <参考資料7>
  <参考資料8>
  <参考資料9>
  <参考資料10>
  <参考資料11-14>

はは~ん、そして、先に社整審で説明されるわけか。以下は抜粋。

社会資本整備審議会河川分科会(第44回)の開催について(お知らせ)
               ≪≪2011/09/02(金)14:00
1. 日 時  平成23年9月5(月)10:00~12:30
2. 場 所  中央合同庁舎3号館(国土交通省)11階特別会議室
3. 議題
(1)利根川の基本高水について
(2)東日本大震災に係る復旧・復興の取り組み等について
(3)その他
傍聴、取材可
問い合わせ先
○利根川の基本高水について
水管理・国土保全局河川計画課河川計画調整室課長補佐里村真吾
代表(5253)8111 内線35374 直通(5253)8445

|

« 新国交大臣は元河川官僚ですがな | トップページ | 前田大臣報道と感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82688/41486590

この記事へのトラックバック一覧です: 日本学術会議 その後:

« 新国交大臣は元河川官僚ですがな | トップページ | 前田大臣報道と感想 »