« 22億円の経済効果をもたらす最上小国川のアユ | トップページ | 日経新聞の八ツ場ダム社説(1) »

2011年10月11日 (火)

諫早湾干事業・長良川河口堰の今!

転載します!

《諫早湾干事業・長良川河口堰に関する勉強会》

・日時:2010年10月13日(木曜日)午後4時半から7時
・場所:参議院議員会館101会議室
・主催:公共事業チェック議員の会 エネシフジャパン勉強会番外編Presents

・プログラム   
 ■有明海・諫早湾は今:4時30分~5時30分
   「判決後の農林水産省の対応(仮題)」
        農林水産省農村振興局整備部(交渉中)
   「開門こそが「農漁共存」による有明海再生の第一歩」
        菅波完(有明海漁民・市民ネットワーク事務局長)

 ■長良川河口堰の検証(専門委員会報告案の説明):5時30分~7時
   「長良川河口堰検証PT専門委員会報告案のポイント」
    小島敏郎(青山学院大学教授・長良川河口堰検証PT専門委員会共同座長)
   「日本の治水対策と河口堰:浚渫・ダム・堤防強化・集水域(仮題)」
    今本博健(京都大学名誉教授・長良川河口堰検証PT専門委員会共同座長)
   「木曽川水系フルプランと河口堰(仮題)」  
        国土交通省水管理・国土保全局(交渉中)
   
お申し込み(エネシフジャパン):http://sustena.org/eneshif 

※定員を越えた際には立ち見となることがございますので、ご了承ください。
 尚、お申し込みをいただいても返信メールは届きません。当日直接会場までお
越しください。

|

« 22億円の経済効果をもたらす最上小国川のアユ | トップページ | 日経新聞の八ツ場ダム社説(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82688/42435124

この記事へのトラックバック一覧です: 諫早湾干事業・長良川河口堰の今!:

« 22億円の経済効果をもたらす最上小国川のアユ | トップページ | 日経新聞の八ツ場ダム社説(1) »