« 意見陳述(4)都民による2つのスクープ! | トップページ | 意見陳述(5)東京から »

2011年11月 9日 (水)

意見陳述(4)忙しい人仕様<抜粋>

八ッ場ダム建設事業の検証に係る検討報告書(素案)に対する 深澤洋子さん意見陳述(4)から費用便益計算についての2つのスクープ<抜粋>

●被害想定
深澤さん「八ッ場ダムの費用便益計算、つまりコスト・ベネフィットのカラクリについてお話しします。私たちはこの資料を、パブコメを書くのに必要だから見せてほしいと関東地方整備局に頼んだのですが断られました。それで情報公開請求して、やっと先週入手し分析したところです。この資料をもとに計算すると、八ッ場ダムがないケースで、毎年の洪水から50年に1回の洪水までの氾濫被害額を累計した時、利根川流域の年平均氾濫被害額は均で6,788億円、八ッ場ダムがあるケースで5,693億円と想定されており、差し引き1000億円余りが(確率処理を経て)年平均被害軽減期待額という八ッ場ダムの便益になります(スライド2)。しかし現実には、「水害統計」によれば、利根川全体の1961~2007年の47年間における年平均被害額の実績値は181億円(現在価値への換算額)であり、(ダムなし)想定被害の2,7%にすぎません。」

「ダムの過大な便益を生み出すこうした過大な被害想定について、国交省は会計検査院から2010年10月に次のように改善するよう指摘されています。「年平均被害軽減期待額の算定の基礎となる生起確率が高い降雨に伴う想定被害額については、過去における実際の水害の被害額を上回っているものが多く見受けられた。(中略)上記の状況を踏まえ、年平均被害軽減期待額の便益の算定方法をより合理的なものとするよう検討する必要があると認められる」という指摘です」

●あなたならいくら払いますかアンケート
深澤さん「郵送で1500票送って648票回収、そのうち抵抗・無効回答が322票と約半数です。抵抗回答というのは、ダム事業に反対、アンケートに反対といった回答だそうですが、その場合は当然、支払い希望額はゼロでしょう。ところが集計では、有効回答280票のみを分析し、その平均に調査対象の52万世帯を掛け合わせ、8億5千万円という途方もない便益をたたき出しています。抵抗回答を書いた人も、ばかばかしいからアンケートを返送しなかった人も、全世帯が年間1632円払ってもよいことにされています。利根川流域の吾妻渓谷周辺50キロに住む全世帯が、八ッ場ダムの「流水の正常な機能の維持」のために、毎年8億5千万円払ってもよいことにされたのです。そしてこのアンケートは、発電ガイドラインによって自然な流量が「ただで」回復することから、全く無意味な税金の無駄遣いであったということになるのです。」

全体は↓
http://dam-diary2.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-aee8.html

|

« 意見陳述(4)都民による2つのスクープ! | トップページ | 意見陳述(5)東京から »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82688/42936795

この記事へのトラックバック一覧です: 意見陳述(4)忙しい人仕様<抜粋>:

« 意見陳述(4)都民による2つのスクープ! | トップページ | 意見陳述(5)東京から »