« ヤラセの真相と民主党政権 | トップページ | 12月6日八ツ場ダム(永田町)取材 »

2011年11月30日 (水)

税金で非公開会議、有志でユースト中継(明日)

昨日(11月29日)、関東地方整備局「事業評価監視委員会」(委員長・家田仁東京大大学院教授)が開催され、この委員会は八ツ場ダムの継続を妥当とする地方整備局案を是認した。これほどの論議を呼ぶ事業であるにもかかわらず、12人のうち6人が欠席だったと言う。なお、この会議は取材可、傍聴はモニタリング室にと分断している。

すると今後は、本日突然発表で、明日(12月1日)18:00~、「今後の治水対策のあり方に関する有識者会議」が開催され、八ツ場ダムを議題にするというのだ(担当者不在につき未確認)。

この日時は、他分野の研究者122名による「ダム検証のあり方を問う科学者の会」が同有識者会議に公開討論を申し入れた日時明日(17:00~19:00)と重なる。

会議設置者と有識者会議の倫理、常識、道徳、見識を疑う

要請を断った討論会の日時に、前日になって有識者会議をぶつけてきた。

取材希望者は申し込めとあるが、相変わらず一般傍聴は拒否している。
http://www.mlit.go.jp/report/press/mizukokudo03_hh_000436.html

なお、ダム検証のあり方を問う科学者の会の方はユーストリーム中継がある。http://www.yamba-net.org/

◆日 時:2011年12月1日(木)17:00~19:00
◆場 所:衆議院第一議員会館 大会議室
◆参加費:無料

|

« ヤラセの真相と民主党政権 | トップページ | 12月6日八ツ場ダム(永田町)取材 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82688/43206078

この記事へのトラックバック一覧です: 税金で非公開会議、有志でユースト中継(明日):

« ヤラセの真相と民主党政権 | トップページ | 12月6日八ツ場ダム(永田町)取材 »