«  科学者たちの公開討論会 「これでいいのか! ダム検証ー八ッ場ダムを中心としてー」 | トップページ | 税金で非公開会議、有志でユースト中継(明日) »

2011年11月29日 (火)

ヤラセの真相と民主党政権

八ツ場ダムパブコメで、何故か最終日に130通が5963通に増加し、結果的にその数が埼玉県からのものだったので、これはヤラセではないかと推察された件 、この問題を毎日新聞と赤旗が書いて、「ヤラセの現物」写真が出ている。

八ッ場ダム:意見公募なのに96%が同一文書に署名だけ◇推進派が世論誘導か
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20111126k0000e040050000c.html
●“賛成”を大量印刷 八ツ場ダム・意見公募 
5963件中96%が同一文 手書き、住所氏名だけ

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-11-28/2011112815_01_1.html

なぜ、こんなヤラセをやる必要があるのか?
おそらく、中止すべきという意見が数でも質でも圧倒的に多かったために、量で凌駕しようと思ったからなのであろうけど、あまりにもオソマツである

パブコメだけでなく公聴会でも圧倒的に、八ツ場ダム検証の場では、中止すべきという声が多かった。(この発言緑を見れば分かる)
http://www.ktr.mlit.go.jp/river/shihon/river_shihon00000187.html

このブログでも幾つかをすでに紹介させてもらったけれど、
まだ紹介していないところでは八ツ場ダム中止派嶋津暉之さん(ご本人からご連絡)。
http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000049901.pdf 

竹本弘幸さん(埼玉会場8番)は、学会発表された内容を陳述。
http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000046274.pdf
http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000046302.pdf
このご本人からは昨日、発売のアエラに、http://www.aera-net.jp/latest/
これに関する記事が載ったとご連絡をいただきました。(ご連絡に感謝します!)

深澤洋子さんの発言の裏付けも発表されました。↓

費用対効果のからくり(梶原健嗣さん) 
http://yamba-net.org/doc/karakuri.pdf

栃木県知事の発言もいわば「誤解を狙った騙し」だし、

世界9月号では
基本高水はなぜ過大なのか
──国交省の作為と日本学術会議の「検証」を問う
──

と関 良基さんに暴かれた。

ウソに塗り固められてきたのが八ツ場ダムである。
隠れキリシタンであり続けた長野原町の住民たちも少しつづ勇気を振り絞って発言を始めた。鈴木郁子さんの一連のレポートを是非読んでください↓
http://s35.gunmablog.net/e207802.html

一言で言えば、推進派は危機感を強めたということなのだろうが、

こんな状況でも、どうしても八ツ場ダムを建設したいというのが
これだけあからさまでオソマツなヤラセをやってしまった理由なのだろうが、
これでも八ツ場ダムを作れると思って、
腹の中で笑っている人が日本をダメにしてきたのか、
こんな日本はダメだと諦めてしまう人が日本をダメにするのか、
実はその両方なのだと思う。すると・・・

   諦めない人が日本を変える。
   諦めずにヤラセまでやる人が日本を歪める。

それならば、もしもヤラセと分かっていて諦めて黙認する政権であるならば、この政権に用はないということになる。

|

«  科学者たちの公開討論会 「これでいいのか! ダム検証ー八ッ場ダムを中心としてー」 | トップページ | 税金で非公開会議、有志でユースト中継(明日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82688/43186222

この記事へのトラックバック一覧です: ヤラセの真相と民主党政権:

«  科学者たちの公開討論会 「これでいいのか! ダム検証ー八ッ場ダムを中心としてー」 | トップページ | 税金で非公開会議、有志でユースト中継(明日) »