« 八ツ場ダム検証 素案と原案の違い | トップページ | 栃木の妙 氷山の一角 »

2011年11月22日 (火)

埼玉県の妙

八ツ場ダム検証の意見聴取(口頭の陳述)では、圧倒的に事業に対しても検証に対しても批判的な意見が大半だった。

八ツ場ダム検証のパブコメ(文書提出)については、11月3日時点の応募数が130通だったのが、4日締切で突然5963通になったと嶋津暉之氏に聴き、関東地整にも確かめたが、その通りだった。その5千なにがしかは、組織的なヤラセではないかと疑われていたが、

その組織的なヤラセの正体はこれで明らかになったのではないだろうか。

Photo

http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000049265.pdf (P.6-9)

|

« 八ツ場ダム検証 素案と原案の違い | トップページ | 栃木の妙 氷山の一角 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82688/43099523

この記事へのトラックバック一覧です: 埼玉県の妙:

« 八ツ場ダム検証 素案と原案の違い | トップページ | 栃木の妙 氷山の一角 »