« 5年の総括とこれから | トップページ | 政治的ケジメ 三役、閣僚は辞任すべき »

2011年12月24日 (土)

八ツ場ダム再開手打ち式は閣僚懇

こちらの最後に「手打ちをしたんじゃないですか。藤村官房長官は裁定を出し、前原会長は予算をつけない、前田大臣は継続すると。皆のメンツを守り、手打ちをしたんじゃないですか」と、前原誠司民主党政調会長に12月22日会見で聞いたことを書いた。

前原氏は「言っていることが分からない」と否定した。しかし、この憶測が大きく外れているとは思えない。

と書いた。連続的な魑魅魍魎の毒牙から回復して、今、その直前にあった12月22日の大臣会見音声をやっと聞き直した。直感的にかなり前の時点で「手打ちをしたな」と思ったのだが、最終的には閣僚懇談会ですべてが決定した、手打ちが完了したのだと思う。まずはここだけ、「種々の取材」の一つとしてあげておきます。

ただ、実際の手打ちはそれよりも前に済んでいるはずだ。

2011年12月22日前田武志国交大臣会見

Mr

「閣議案件について私の方から報告はございません。

私の方からは八ツ場ダムについてご報告をさせていただきます。
午後2時前に行われた国交省政務三役会議においてですね八ツ場ダムの事業を継続を決定致しました。その旨を3時から行われた閣議の後の閣僚懇談会において、私の方から総理をはじめ、全閣僚へご報告を申し上げました。中身については資料をお配りしていますか、そこを見ていただくと結構かなあと思います。

なお、ここに参る直前に一都五県の流域の知事さん方、地域の安全に責任をもっておられる自治体の長の皆様方に電話でご一報を申し入れています。」

これが、記者会見で配られた資料です。

http://www.mlit.go.jp/common/000186641.pdf

このあと長々と建設再開の言い訳(←八ツ場ダムに関する発言)が始まりました。

(上記写真は2011.12.13撮影)

|

« 5年の総括とこれから | トップページ | 政治的ケジメ 三役、閣僚は辞任すべき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82688/43487095

この記事へのトラックバック一覧です: 八ツ場ダム再開手打ち式は閣僚懇:

« 5年の総括とこれから | トップページ | 政治的ケジメ 三役、閣僚は辞任すべき »