« 2012年2月 | トップページ

2012年4月19日 (木)

やっと本当に最終回

え~長らくご愛読くださった皆様
とくに1995年から木頭村(きとうそん)を応援するために
始めた元祖「ダム日記」http://www.korogary.com/dam/ から
大河ドラマだ!とか、冷やかしながらご愛読くださった皆様、
そしてこのブログになってからご愛読くださった皆様、

いろいろ期待を寄せて情報を寄せてくださった皆様
河川法の改正はいつ?とイライラして待ちくたびれた皆様
いろいろ嬉しい励ましを下さった皆々様

この度、「ダム」という話だけに限定をしてブログを書くことが
とても難しくなったので、心機一転、
新しいブログを始めることにしました。

「晴れの日は楽しく、雨の日は静かに」というタイトルで
政策エッセイを書くことにしました。

紙媒体では書けない自分ならではのスタイルで、
私でしか持ち得なかったいろいろな世界や分野での
体験と視点をベースに書いていこうと思ったときに
「政策エッセイ」という言葉が浮かびました。

新聞TVが追うような政局ではなく
週刊誌や月刊誌で求められる“客観的”なジャーナリズムでもなく
マイペースで主観的に書ける政策の話、
つまり、「政策エッセイ」とでもいうスタイルを
自分なりに確立してみようと思いました。

気が向いたら、覗いてみてください。↓

晴れの日は楽しく、雨の日は静かに
政策エッセイスト(まさのあつこ)

そして、

引き続き、ダムに頼らない選択をした木頭の応援もヨロシク!
市町村合併で那賀町になってしまいましたが、
木頭で最も頑張っている人々の拠点の二つに
リンクを張らせてもらっておきます。

(株)きとうむら
http://www.kitomura.jp/

山のNPO
徳島県那賀町木頭・木沢・上那賀地区の地域活動を応援する中間支援NPO
http://yamanonpo.blogspot.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月15日 (日)

番外編<エピローグその2>

このブログを止めると決めてから丸3ヶ月半、「次の段階へ行く心の準備ができた」と番外編<エピローグその2>で書いて1ヶ月半。最後の締めくくりに載せておきたかった心残り、現状の「ダム行政」を如実に表す一連の写真の幾つかを載せておきます(やっと)。

2012年4月15日現在、未だにこちらに掲載されませんが、2月22日に第22回今後の治水のあり方に関する有識者会議が開催されました。この日、予定された2時間の会議の議題は、石木(いしき)ダム、安威川(あいがわ )ダム、内ヶ谷(うちがたに )ダム、タイ原(たいばる)ダムの4つでした。

この日、石木ダムによって生活を奪われる住民――もし、この日、事業者(長崎県)が出した結論をこの“有識者”会議が追認した場合は、新たな水需要などありえもしないダム建設によって土地が強制収用されてしまう地権者――が傍聴を求めて訪れました(現在はマスコミのみ(フリーを含む)公開)。そのときの写真です。

1dsc_0341
「私たちの意見が無視されるのはオカシイ」と一歩中へ。

1dsc_0342
しかし押し戻される。(押し戻しの瞬間、手前で河川官僚のお姉さんが突き飛ばされきたがここでは略)

1dsc_0346
突入しても

1dsc_0347
押し返される(なんちゅうか、破廉恥な押し戻し方)。

1dsc_0348
めげずに、

1dsc_0352
再トライ。

1dsc_0353
しかし

1dsc_0359
まるで見えていないかのように背を向けて無視する河川官僚。

1dsc_0365
訴える地権者を「見ざる↑、言わざる↑、聴かざる↑」の河川官僚。

1dsc_0370
はたまた、傍聴を求める国民をブロックしたり、

1dsc_0388
別のドアから時間通りに来て着席した“有識者”に視線を送ったり、

1dsc_0389
着席しただけで、他人事のように無反応な“有識者”を前に、相談したり

1dsc_0390
相談するだけで思考停止する河川官僚は、SPEEDIでも北朝鮮ミサイルでもそうだった霞ヶ関の氷山の一角。

1dsc_0394
相談が終わって、どうするかと思えば、

1dsc_0395
相談の結果を“有識者”に仰ぎに行ったみたい。

Dsc_0397
相談はさらに続く間に、河川官僚席にがドンドン増える。半分傍聴席に譲ればいいだけなのにね。

1dsc_0401
そして、ふと横を見ると、

1dsc_0402
何か、どこかで見たことがあるような光景が・・・・、

1dsc_0405
ズンズンと罪もない人に迫ってくる、これは・・・、

1dsc_0406
ゾンビだ! 河川官僚ゾンビ! 

1dsc_0408
そして、ふとドアの外を見ると、警備員さんが助けに来た?でも、誰を?

1dsc_0415
ゾンビから国民をかと思ったら、違った。ゾンビが二段構えに増えたよ。

1dsc_0416
マジ、恐いよ。で、お兄さん、その仕事、給料ナンボやの?

1dsc_0417
ゾンビ、傍聴を求める人、ゾンビから国民を守らない警備員さん。中央奥に家政婦のミタさんみたいに無表情な河川官僚お姉さん(余談)。

1dsc_0419
また相談を始めたゾンビ幹部と、

1dsc_0420
また他人事な“有識者”・・・意識有る?

1dsc_0422
ゾンビ局長は、

1dsc_0423
再びゾンビ相談会へと

1dsc_0425
合流したが・・・、“無意識者”会議は異次元でまったり。

1dsc_0427
相談が終わったようで、向かって来る・・・と思ったら・・・、

1dsc_0429
え?ゾンビ3段構えの相談だったの?マジ?

1dsc_0430
ねぇ、マジ?

1dsc_0433
マジなんだね・・・。

Dsc_0439
「3段じゃダメでしたね」なんて話している?

1dsc_0440
「傍聴させてください」と決死の嘆願に、

1dsc_0441
やっぱりゾンビしちゃう?

1dsc_0447
打開策を求めて、奥田建副大臣や津川祥吾政務官の背中に声をかけてみたが、無策、無言。無意識者会議もますます無意識、無言。政務三役の後ろで何やらまた相談。(余談:相談されているメガネの人は渋谷・前八ツ場ダム工事事務所長。栄転して本省に来たようだ)。

1dsc_0449
そして流会宣言。“有識者”会議なのに出番がなかった“有識者”。傍聴希望者たちの訴えの取扱いを判断したのはどう見ても、ゾンビ河川官僚たちの判断にしか見えなかった。Who are these people? Why ARE they?

国民に背を向けて、「治水」が成り立つわけがない。しかし、たった数人の傍聴席を作ることもなく、河川官僚のみで、「ダムにたよらない治水」を自由闊達にご議論をと“有識者”を取り囲む。

「本当に自由闊達に議論してもらいたいなら、河川官僚に非公開にすればいい」という人がいる。いや、ホント。

国民の議論をサポートすべき河川官僚が国民に背中しか見せないなら、「治水」なんかできない。しかし、彼らは「ダムにたよらない治水」を掲げた政権に交代した後でなお、巻き返しを図り、“有識者”会議を隠れ蓑にして、完全非公開で83のダム事業のほとんどを温存させるスキームを丸1年かけて作った。

準備が完了したところでマスコミにだけ審議を公開し、地方においてそのスキーム通りに議論されたことだけを確認し、やっぱりダムが最適です!と容認させる儀式が始まったのが2011年3月1日(第13回) “有識者”会議だ。

その10日後の3月11日以後、専門家と言われる人々の倫理が問われ続けている。しかし、倫理のかけらすらなくても専門家でいられるのが日本の専門家らしい。

会議終了後、座長に取材しようとするとゾンビが邪魔をする。どこまで座長をガードするつもりだろうかと思ったら、地下鉄の駅までついてきたことがある。河川官僚を前に「参加」ができないのは国民だけではない、「有識者」にすら言論の自由がない。そして政務三役は操り人情と化して、コロコロとかわる。河川官僚のコントロール、マネジメントもできずに、河川管理なんて100年早いといったところだろうか。それをせめてあと2年ぐらいに縮めたいものである。このブログはここで終わりです。

関連メディア・報道
画像「今後の治水のあり方に関する有識者会議 石木ダム他 2012/02/22」
http://www.youtube.com/watch?v=V-5OfmQEvFU
(地権者の訴えは14:30~) ← 忙しい方はこの部分だけでも。

50年前の長崎県石木ダム建設計画に税金投入 
日刊SPA! (2011.11.1)

政務三役や有識者も操る国交官僚――ダム予定地住民の傍聴退け会議を流会
週刊金曜日(2012.3.2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ