カテゴリー「人々」の14件の記事

2012年2月23日 (木)

番外編<エピローグその1>

2004年にこのブログを始めたとき、本当の意味でこのブログのテーマ達成に5年ぐらいかかるだろうか、と考えていた。1997年の河川法の改正が行われた時期に続き、私は国会の中で仕事をすることになった。ダムのことだけをフォローしていればいい立場ではなくなった。その間、メルマガ「国会攻略日記」を書いた。濃密な数年が経過した後、家族のためだけに使った8ヶ月を経て2004年に社会復帰したときには、河川法の運用についてフォローする人々の動きは完全に世の中に埋もれていた。

表向きには、長野における「脱ダム」というトップダウンの動き、熊本における川辺川ダムにおける農家の裁判勝訴、大阪における淀川水系流域委員会の画期的な参加のあり方が目立ち、日本も「脱ダム」をしたのだと勘違いした知識人が多かった。その間、実は、河川ムラでは着々と巻き返しが図られていた。

一方で、少数の一時的な成功の影に、1997年に取りこぼされた河川法の問題に対する社会的認知度はほとんどゼロになっていた。

問題を顕在化させ、社会全体の問題としてとらえられるようになるまでには、5年がかかるだろうと思った。ジャーナリスト業に復帰するかどうかも決めていなかった。人生の建て直しをしながら、できること、としてブログを始めた(当初はViva!さんが場所を提供してくれて、あとでここに引っ越しをした)。第一回目は、次のようなものだった。

「あの川」というモティベーション
http://dam-diary2.cocolog-nifty.com/blog/2004/08/post_effe.html#more

メキシコ・チアパス州、ある町にほど近い山の中の
コミューンに、妙な縁で、居候することになりました。
そこには、シャワーもお風呂も水道もなく、
川がありました。

3日に一度、皆で川を渡り、森を抜け、泉にたどり着き、
水を汲んで帰り、手作りで建てた家のキッチンの大瓶を
満たしました。
おでこから背中にかけて重い物を運ぶコツを覚えました

清流を守りたいと叫ぶ日本の小さな村に出会ったとき、
あの川だ、と思いました。
川は違っても、目の前の川は私の一部!という感覚。
その感覚は、理屈ではない。
  私だって、命をかけて守るだろう。
汚い川しか知らずに育った。
でも、この国で、すべてが失われたわけではなかった。
この国には、まだ「あの川」が残っている。
「あの川」を持っている人がまだ、日本にはいる。
だとしたら、私も、それを守らなければならない。
「あの川」だから。そして…、

あの小さな村の大きなダムが中止になってから、
数年が経ちました。

川やダムを巡る状況も、かなり変わってきました。
法律も変わりました。「河川法」だけでなく、
司法制度や行政手続も変化しつつあります。
でもそれらは、誰にでも分かりやすく整理されている
わけではありません。

また、各地の現場ではまだまだドンパチと、
住民と国土交通省の闘いを、繰り広げられています。
そして、
闘いのルールは、圧倒的に計画の推進者に有利なままです。

そこで、かつて、小さな村の動きを、ただただひたすら
「こんな村があるよ」と「ダム日記」で伝えたように、
今度は、「ダム日記2」で、ただただひたすら、
「河川法を改正しようヨ」と、現場情報とルールを
整理しながら呼びかけていきたいと思います。
何かを始めると、「なぜ?」と聞かれることがあります。
だから、聞かれる前に書いておきました。

私の行動の原点は、
メキシコ・チアパス州を流れる、ある名もない川。
「どこ?」と聞かないでください。
誰にも教えません。私の川だから。
でも、あの川が、私を動かしていくのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2004年に「河川法を改正しようョ」と呼びかけて8年が経った。
焦ってはダメだと思ったが、それにしても寄り道をしすぎた。
昨年12月31日を区切りにこのブログの更新を止めた。
次の段階へ行く心の準備ができた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月31日 (土)

河川法を改正しようョ

世の中は自分1人では変えられないことはイタイほど分かっている。一生懸命やれば成果が出るほど世の中は甘くない。でも一生懸命やっている人は見ると応援したくなる。自分はもうどうでもいいので、誰か頑張る人の応援者として有りたいという生き方を選んだ。でも、だんだんと、自分が力を付けないと人のことも応援できないと諦めがついた。来年からは応援者ではなく主体として生きる。まだ腰が引けているけれど。

続きを読む "河川法を改正しようョ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月23日 (土)

山田恭暉さん

山田恭暉(やすてる)さんの存在と志に感謝と敬意を表します。

技術者の魂からの原発暴発阻止呼びかけ(金曜アンテナ2011/4/22)
http://www.kinyobi.co.jp/backnum/antenna/antenna_kiji.php?no=1975 

山田恭暉さんの呼びかけ文はこちらです。「Fukushima.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 7日 (火)

畑仕事ができなくなる前に(手紙)

8月30日に寺嶋ゆうさんという女性が寄せてくれた情報です。

熊本県五木村は国が川辺川ダムの中止を決定した地で、かつ村自体はまだ中止を受け入れたわけではない村です。しかし、「先週1週間、毎晩連続で、五木村で各種団体、各地域住民を対象に「意見をお聞きする場」が開催」とされたそうです。

その「生活再建を検討する場」主催に、今も川辺川ダムの水没予定地で暮らす、唯一の世帯の方が寄せた手紙を、ご本人に了解を取ってご提供くださり、そのまた了解を得て転載させていただきます。(改行は私の方でいれさせていただきました)

----------
生活再建を協議する場のみなさま

私は高齢で目も見えなくなってきて、会議に出席することができませんので、文書で意見をのべます。よろしくお願いします。

一番お願いしたいのは、農地造成についてであります。

私は、祖先から受け継いだ5反の農地を、代替地造成のために手放しました。村のために仕方ありませんでしたが、国交省の職員が、私から印鑑を借りて、調印させられたことを、私は忘れたことはありません。国のやり方に、腹が立ちました。村も県も国も、農地造成の約束を果たしてくれるか不安だったので、県の緒方寿春氏に立ち会ってもらい、国との間で、農地が造成されたら5反歩を私に配分してくれるように覚書を書きました。村は立会いを断りました。それから10年以上が過ぎましたが、農地は造成されていません。覚書の時間を区切っておればよかったと、今後悔しています。

数年前、水没地の農地を借りられるようになった時、私も申し込みましたが、今農地を持っているものは申し込めないと断られました。その後、空いている土地を使って良いと言われ、鍬を入れましたが、周りから文句の出たので使ってはならないと言われました。

私は年金生活者ですが、現金生活をするには、年金だけでは足りません。畑なしでは、生きてゆけない。国がいつまでも5反の農地造成をしないので、生活するには農地が足りなくなりました。5年か6年かけて、つるはしでセメントを割り、石を拾い、いくらかの畑を広げ今はそこを使っています。

五木村のような山の村での暮らしは、昔からほとんど現金収入がありません。昔から、ほとんどの人が田畑で自分たちで食べるものを作りながら、しいたけやこんにゃく、梶を売ったり、仕事に出たりして、わずかな現金収入を得て、生活してきました。

すべてのものを現金で買う暮らしができるのは、ごくわずかの者しかいません。役場やサラリーマン、充分な年金のある年金生活者だけです。田舎には仕事が少なく、皆生活に苦労しています。畑で石を拾ったことのない、村や県や国の職員は、知らないだろうが、町の現金生活者と五木の生活は違う。農地があれば、自分で食べるものを作ることができます。農地さえあれば、給料の少ない生活者でも、五木村でなんとか生活していくことができます。

ダムは、農地を取り上げ、水没地の生活者の生活を変えました。そのために、昔と違って、高い給料をもらえる仕事につかなければ、五木で生活できなくなりつつあります。

今、代替地の人はどう思っておられるのでしょうか。どうやって生活しておられるのでしょうか。いつもそれを思います。自分一代は良くても、子や孫はどうして生活するのだろうかと心配です。農地がなければ、少ない給料だけでは生活していけない。高い給料をもらうには、町に出て仕事をしなければならない。村から子や孫が出ていき、ますます寂れた村になっています。

私は80を過ぎて、目も見えなくなり、だんだん何もできなくなってきました。私のような年寄りが言う必要はないのかもしれませんが、この村の将来がどうなるのかと、いつも心配です。生活再建は、橋や道路だけではない。年を取り、畑仕事ができなくなる前に、村人の生活を戻してほしい。ここで生活していけるような、村づくりをしなければ、村がつぶれてしまう。

今すぐ下を使えるようにしてほしい。国から無償で村や個人に戻すか、村が管理をし、村や個人が自由に使えるようにするのが良い。有償であればできるだけ安い価格が皆にとって良かろうと思います。私は、農地を買い戻すため、補償金は使わずに持っています。農地を手放した人が、補償金を使ってしまったり、年を取って農業をできなくなってしまう前に、農地造成して下さい。頭地だけでなく、ほかの集落にも農地がほしい人がおるかもしれない。残った空き地は、産業作りに使えるよう、村が自由に使えるようにして下さい。

今すぐにしなければ、手遅れになる。私も年を取り、いつまで農業ができるかわからないが、私だけの問題ではない。村の将来のために、ここで生活していけるようにしなければならない。今のまま、時間だけが過ぎていくと、村が本当につぶれてしまうと私は心配しています。

平成22年8月24日
五木村田口
○○○
-----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 3日 (木)

最近のアウトプット

更新がまたまた滞ってしまいましたが、
以下は最近のアウトプットです。

●『週刊金曜日』最新号(2009年11月27日/777号)で
「語り始めた住民と旧政権にしがみつくダム流域の自治体」を書きました。
http://www.kinyobi.co.jp/consider/consider_newest.php
(以下は小見出し)
・実名と顔を出して
・「畜生、天下りのためだったんだ」
・町政さえも国交省の運営?
・ひな形どおりの「意見書」
・住民署名も行政主導
コラム 日本はどうするどうなる
前原国土交通大臣の「ヒットリスト」の行方

●月刊「都市問題」12月号
2009.12  第 100 巻  第 12 号
http://www.timr.or.jp/cgi-bin/toshi_db.cgi?mode=saisin 
特集1 : ダム建設の是非を考える
 「徳山ダム・木曽川水系連絡導水路事業をめぐる問題」
この特集では、
今本博健・京大名誉教授、
田中康夫・衆議院議員、
高山欣也・長野原町長、
脇雅史・参議院議員
が論考されています。
編集長コラムもとても印象的でした。
~~~~~~~~~~~~~
どちらも是非、読んでいただければと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月24日 (日)

転換のポジティブリスト

途上国ニッポンのコマで書きそびれたこと

「設楽ダム建設の是非を問う住民投票を求める会」が
最終的に議会で否決はされてしまったが、
住民投票を目指して「設楽ダム学習会」を開いた。

その際、学習会をきめ細かに行おうと考えた理由をこの会の伊奈紘さんに
教えていただき、う~ん、とうなった。

 ①情報の絶対的不足を解消
 ②間違った情報により「諦め」から開放
 ③集団と個人の考えの違いに気づかせる
 ④本音を話していいという場の必要性
 ⑤まちづくりを自分たちで、町の方向は自分たちでという自覚を育てる

伊奈さんがあげたこれらのポジティブリストは
どのダム予定地を訪れても感じる共通した問題の解決策だ。

・一方的な行政情報
・諦め
・個人の意見が言えない
・まちづくりへの意欲の不足

でも必ずといっていいほど、そうした中に
ポジティブリストを胸にかかえて、変えていこうという人が地域にいる。
そうした人々と出会うたびに感動して
できることはなんでもやらなければ、と思う。

だんだん頭に身体がついていかなくなっているのだが
ときに横着をしながら、怠けながら、焦りながら
一つひとつの問題の12億分の1でいい、と思ってとにかく続ける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 3日 (水)

対話でつなごう滋賀の会の意見書

対話でつなごう滋賀の会」が1121日に国土交通大臣、近畿地方整備局長あてに意見書を出しています。転載許可を得たのですが、ブログにもアップロードされたとのことなので、リンクを張らせていただきます。↓

4知事の共同意見の発表にあたり、国土交通省と近畿地方整備局への意見書」

タイトルと項目は次の通り。ぜひ、ご一読を。

4知事の共同意見の発表にあたり、国土交通省と近畿地方整備局への意見書

対話でつなごう滋賀の会(代表 寺川庄蔵)

 

1、4知事の共同意見を尊重し、大戸川ダムの中止、丹生ダムの見直しを求める。

2、移転された住民への真摯な対応を

3、付替え道路など、これまで進めてきた付帯工事は最後まで実行を

4、地元の声を間違えないように

 ○地元大津市民の声は大戸川ダムNOである

 ○丹生ダムも地元の声はダム見直し

 ○ダム推進を声高にいう地元の対策協議会とは行政の出先機関?

 ○地元の声の正しい判断を求める

  

以上、http://taiwa-shiga.net/img/081121.pdf からでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 2日 (火)

太田川ダム情報いただきました

失敗の毎日です。

昨日は、さいたま新都市に情報開示請求へ。

合同庁舎で国土交通省に開示請求をしたと思ったら、そこは防衛省だった。

用紙を一枚ムダにした(気づけよ<私)。

わ、間違えたと思って関東地方整備局の階に行き直し、

同じ階の農水省に迷い込んだ。

フロア図を3度見てやっと見つかった。自分にくたびれた。

さて、静岡の「グループ太田川水未来と太田川ダム研究会」がウェブを

立ち上げたそうです。

http://www.geocities.jp/ootagawa_mizumirai/

ついでですが、先日、週刊ダイアモンドに出た記事がここで読めます。

 

完成した静岡・太田川ダム堤体にひび割れのピンチ!

http://diamond.jp/series/inside/08_11_01_002/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月24日 (水)

熊本県知事 首相に五木村のために会う

どこまでいってもこのままでは休めない・・・

と昨日は数ヶ月ぶりの完全オフ!自転車をこぎプチアウトドアしました。

911日に「ダムによらない治水」を県議会で宣言した熊本県知事に感想を送りたくなり、以下は21日に送ったものです。感想の最後に、知事の政治判断を受け止めるべきは国土交通大臣だから、ぜひ直接会って思いを遂げて欲しいとFAXしました。

するとなんと、知事はその日すでに「前」となってしまいましたが、首相に会いに行っていました。スピード感と理念がセットになった政治家の誕生です。

ダム問題で知事が首相と会談(熊本県)

http://www.kkt.jp/news/nnn/news868230.html

五木村振興 知事、福田総理と会談

http://www.kab.co.jp/db/asp/kabnews/KabNews.asp?src_month=9&src_day=22&id=4

蒲島知事が福田首相と会談 五木村の振興で協力求める

http://www.tku.co.jp/pc/news/view_news.php?id=15785&mod=3000

以下は単なる参考まで。

================

蒲島郁夫・熊本県知事

泳げる川があることの希少さをお考えいただきたいと手紙を書きましたまさのあつこと申します。子どもたちにとってpricelessな遊び場、飛び込むことできる川を残されたことは、本当に賢明なご判断だったと思います。お金にかえることができるものなど、この世にそう多くはないからです。

賢明なご判断だったと思う理由はそれだけではありません。出張先で川辺川ダムのニュースを聞き、出張先から戻り、911日の議会での演説を聞き、感銘を受けました。なんと多くの方の意見を受け止め、これ以上にない判断をされたことでしょう。多くの方が、「知事は私の気持ちを受け止めてくれた」と思われたことでしょう。恥ずかしながら私もその一人です。まして熊本の住民で川辺川を愛する方はなおさらそうでしょう。「お金には変えられないものをどうか奪わないで欲しい」という気持ちで、固唾を飲んで知事の判断を待ち「白紙撤回」という言葉を聞いた人々は、あたかも自分の命が救われたように、緊張感が解け、涙が出てきたのではないでしょうか。

さて、洪水調整機能についても感想を述べさせてください。

知事がもっとも気にかけた一つは人吉の治水であろうと思われますが、気候変動による集中豪雨が頻発している今日このごろだからこそ、「ダムによらない治水」はリスクマネジメントとして最適なものだと思われます。人間にとって予測可能ということはこの上ない「強み」だからです。雨がたくさん降れば川にもたくさん流れてくるという予測。逆にいえば、ダムによる治水は、予測不能なギャンブルのようなもの、そして気候変動時代においては、ギャンブル性を増すものだと思うからです。

球磨川本流にある市房ダムですでに、自然の摂理とは違う予測不能なタイミングで洪水に見舞われるようになった人吉にとっては、これ以上にギャンブル性が高まる治水策は避けたいというのは、生命力が発する本能的メッセージではないかと思います。

ダムが機能するのは、ダムの集水域にダムに収まる、ちょうどいい量の雨が降ってくれた時だけで、それ以外の場所に大雨が降っても無用の長物であること。流れる川をせき止めても、ダムで抑えきれないほどに降り続ければ、予測不能なタイミングに、ダム操作規則という人為的な判断によって、ダムを守るための水量が放流されること。つまり、河川工学による治水は「限定的な条件下で定めた仮定に基づく実験」以上のものではないこと。

すなわち、ダムによる治水とは、河川工学上の仮定に命を預けるのかどうかの選択であり、選択肢の一つでしかないということに日本社会が気づき、ダムによらない治水へと新しい一歩を踏み出す大きな転換点になったと思います。そこにある潜在的な危険を住民が地域の歴史から学び備える環境を整備する、財源や権限にとどまらない「地方分権」への一歩が始まるのではないかと思います。

五木村について。ダムに地域(物理的、精神的)を破壊された人々は、初めはダムを作るという「公益」の犠牲となりました。そして今、知事がダムによらない治水を政治的決断により選択したことを受け、その「解」を唯一、国の側で受け止めるべきは、政治家たる国土交通大臣であると思います。ぜひ、県知事自らの選択を、そして選択に到るまでの思いを、国土交通大臣に政治家から政治家として直にお伝えくださいますよう。

そして、国土交通大臣が、真の意味の地方分権の意味を問えば、川辺川ダム中止の決断をせざるを得ないと考えます。すると、今ある川を残すという「公益」に、五木村の人々は再び複雑に心を揺り動かされると思います。苦渋の選択の上にダムに沈まなかった故郷を抱えて暮らしていく人々の心を、ありのままに、大臣が知事と共に受け止めてくださいますよう。ご決断に関する感想と共にその願いをお伝えしたいと思いました。

2008921

まさのあつこ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月24日 (土)

静岡空港と産廃に抗議して自殺

26日、静岡空港に反対していた一人の市民が、ガソリンをかぶってライターで焼身自殺した。

遺書として2通の抗議文が残されていた。

  1通は静岡県知事宛てで空港反対問題

  1通は静岡市長宛てで吉津焼却灰産廃問題

自殺されたのは、静岡県庁別館正面玄関前。

抗議文は、遺体のそばと、自殺直前40分前のmixiのブログにも残されたが当日に消去されてしまったという。

後者の産廃問題は公害調停中で、その議事が非公開であることを楯にとって、「マスコミに公表するな」と圧力がかかっていたという。「たいへん純粋な方でしたので、抗議の憤死をされたのです」

報道は自殺を事件として取り上げたが、その後、市や県がどうこの命がけの訴えに対応したかのかを報じていない。こんな事件すらもすぐに埋もれ、納豆のダイエットなど虚偽エンターテイメントに視聴者の目が集まる。

静岡空港問題にはいろいろな立場で関わった。この1ページを書くのに3週間がかかった私が言えた義理ではないが、世の中ほんとうにおかしい。

もっと知りたい方は、青山貞一氏の独立系メディア

◆静岡空港建設と焼却灰不法投棄に抗議し焼身自殺

| | コメント (0) | トラックバック (0)